【平和を訴えるミュージシャン】

   あなたの知らない”音”をSKIN代表のFTがご紹介して行きます。

 そんなの、知らんでもええわいっ!という声も聞こえてきそうですけど、これがまた笑えるのさ!

 って、お笑い目的ではありませんので!真面目にやりますよ!皆さん、少し付き合ってくださいね。(ライターFT)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃『平和を訴えるミュージシャン』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 平和を訴えるミュージシャンの代表と言えば ”ジョン・レノン” 死してもなお彼の平和へのメッセージは受け継がれている。イギリスではこんなニュースが話題になっている。



 「イマジン」歌っちゃ駄目 反宗教的と英の小学校



 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060720-00000070-kyodo-soci



 「宗教がない世界を想像してごらん」



 この歌詞が問題だったようだ。


 確かに宗教は人々のよりどころだったりする。しかし反面、宗教がもたらす争いや戦争が実際にある。本当は神様の名を借りた一部の権力者のエゴなのだけどね。


 神様は戦争なんて好まないはずなのに。


 ジョンはイマジンで何を言いたかったのだろう。


 イマジン ~ジョン・レノン~ BGM(Imagine) Imagine ~John Lennon~ 

想像してみて、天国はないって

やれば簡単だよ

足元に地獄はなく

頭上には空だけ

想像してみて、みんなが

今日のために生きてるって






想像してみて、国は存在しないって

難しくないよ

そのために殺したり死ぬことないよ

宗教もない

想像してみて、平和な人生を






想像してみて、財産はないって

できるかな

欲張りや飢えは必要ない

人はみな兄弟

想像してみて、みんなが

全世界を共有しているって






僕が夢を見てるって思うかな

でも僕ひとりだけじゃない

いつか君たちも一緒になって

世界がひとつになってほしい






Imagine there’s no heaven
it’s easy if you try
no hell below us
above up only sky
imagine all the people
living for today…

Imagine there’s no countries
it isn’t hard to do
nothing to kill or die for
no religion too
imagine life in peace…

Imagine no possessions
I wonder if you can
no need for greed or hunger
a brotherhood of man
Imagine all the people
sharing all the world…

you may say I’m a dreamer
but I’m not the only one
I hope someday you’ll join us
and the world will be as one







 http://www.marland.co.jp/john/john_histry.html
 ジョンの経歴

 理想主義、政治的発言、あまりに赤裸々な個人的吐露、ヨーコの存在、と色々ありジョンがソロになってからは賛否両論だったりする。

 ビートルズのメンバーとしてこれだけ売れ、影響力のある人がごくあたり前の事を叫んでいる。しかし決してなくならない戦争や殺し合い。

 最近、オレ自身もそう思うのだけどラヴ&ピースやら聞くと「はいはい」ってな感じになる。

 特にミュージシャンがラヴ&ピースなんてほざいてると特にそんな事を思うようになってしまった。

 まぁ、一時、本気でジョンにかぶれた時にそんな事ばかり言っていたからなのだろう。

 多かれ少なかれ、ミュージシャン達の愛と平和を訴える力はもの凄い力なのだろう。バンドエイドがそうだったように。

 http://www.jnj.co.jp/consumer/bandaid/index.html
 バンドエイドHP


 始まりはイギリスが始まりだ。

 それでアメリカのミュージシャン達も動き出し、一世を風靡したアメリカ版バンド・エイド、「USAフォー・アフリカ」が行われた。

 何が凄いってアメリカの言いだしっぺがハリー・べラフォンテだったことだ。ハリー・べラフォンテと言えば「バナナボート」で有名な50年代のオッサンだぞ!

  注こんな鼻では有りません。


 べラフォンテはライオネル・リッチー、ケニー・ロジャースのマネジャーであるケン・クレイガンを訪ね、クレイガンはすぐにリッチーに連絡を取った。

 リッチーはクィンシー・ジョーンズに、クィンシーはマイケル・ジャクソンに連絡を取り、ライオネル・リッチーとマイケル・ジャクソンによる共作によって「ウィー・アー・ザ・ワールド」を書き上げた。

 まるでスター数珠つなぎのようだ。


 リリース当時はそりゃ、豪華メンバーだった。マイケルも今ほどバケモノではなかったし(笑)

 そんでオレは当時ハード・ロックなどに酔いしれていた時期なので、ハード・ロック界でもやらないかと思っていた。

 すると少し後にハード・ロック版バンドエイドも動き出した。(爆笑)

 1985年、ハードロック版「バンド・エイド/USA FOR AFRICA」とも言える「HEAR N’ AID」を提唱、スターが大集結したこのプロジェクトはロニージェイムスディオのペンによる「STARS」をリリースし、その年のハードロック界の大きなニュースとなった。



 左から2番目がロニー

 そりゃ、もう火傷するほど熱い曲でロニー節が炸裂している。




 仮に日本で例えると ”サブちゃん(北島三郎)”がやろうといい出したようなもんだ。



北島三郎さん



 こんな事は言ってませんし!

 ブームとは言え、凄い事なのだ。

 ミュージシャン達が集まり、その収益を全額、アフリカの恵まれない人達の為に寄付するなんて素晴らしい事だと思う。

 現在ではホワイトバンドなるリストバンドが流行っているが、音楽の力をもっと見せて欲しいモノだ。

 そして世界が平和である事を望む人々が今以上に増え、争いのない平和な世界が来る事を信じ続けたいと思う。



  http://ag-skin.com/gourme/index.html
 B級グルメ道、始まってます。そしてメルマガ会員がもうすぐで3000人を超えそうな勢いです。メルマガ会員が1万人になるとメルマガ登録しないと見れませんので登録してね!

 http://ag-skin.com/t-shirts/716/m/64.html
 来週、新作UP予定!

 http://ag-skin.com/t-shirts/mituko/m/59.html
 ご希望ならメンズ対応致します。ご購入の際に備考欄に「メンズにして!」と一言下さい。

 http://ag-skin.com/t-shirts/sakayan/p/index.html
 やっぱり人気のキンロケ!

 http://ag-skin.com/t-shirts/giant/p/index.html
 ソールドアウト続出!!!

 http://ag-skin.com/select/hanane/
 やっぱり花音Tシャツ!




タイトルとURLをコピーしました