17年ゼミについて・・・食えるらしい

随分前にアンビリーバボーで特集していた17年ゼミを今になって特集します!

               

               17年も土の中にいたんだぜ


2007年のニュースから・・

 17年ごとに大発生する米国の「17年ゼミ」の羽化が、イリノイ州など米中部でピークを迎えている。今年の予想発生数は世界の総人口を上回る70億匹。米国では「うるさい」「庭木が傷む」「掃除が大変」など悪役と見なされがちな17年ゼミ。しかし、その正確な体内時計には「進化の不思議」が詰まっている。
続々と羽化する17年ゼミ=シカゴ郊外で
 イリノイ州シカゴ郊外へ、静岡大の吉村仁教授(進化理論)とセミ捕りに出かけた。住宅地のわきの森に入ると、赤い目の17年ゼミが、木の幹だけでなく、周囲の草にも鈴なり状態だった。
 全長は4センチほど。日本のニイニイゼミ並みだが、細身なのでより小さく見える。そのうえ無防備で簡単に捕れる。
 「17年ゼミは長い距離を飛べない。大発生するので、…




             

                  とにかく大発生!

            




      生態やらはこちらのHPで詳しく見れますhttp://www.itmedia.co.jp/anchordesk/articles/0707/06/news042.html



問題は番組内でチョコレートでコーティングして食べる子供達。
食べた現地の子供が「おいしいよ!チキンみたいだ」とか「クッキーと一緒に食べるといけるね。ためしてみなよ!」とかコメントしていた部分。


  
            
         蝉チョココーティング




             

                 ( ゚д゚)食った!!

             


        ちょっと画像古いけど、食ってる!しかも楽しそうだ
    
             





・・・・とあるHPで17年ゼミのレシピを発見しました。是非お試しを。




殻の柔らかいセミの食べ方

材料:

・1 カップ ウスターソース

・60匹の新鮮な17年ゼミ
  
       


・卵4個割る。
・小麦粉3カップ

・味付けに塩、こしょう

・コーンオイル1カップか塩バター



・・・・・・・・・・・・・これらをあ~して こ~して 食べるそうです。

もうひとつ。アメリカといえばパイ!
蝉とダイオウのパイの作り方


材料
ダイオウ細かくをきざんだやつ4カップ


  コレがダイオウ。 長野県では有名らしい。



・新鮮な17年ゼミをよく洗って固い部分は取り除く、1カップ
・1 1/3 カップの白砂糖
・小麦粉スプーン6杯
・バタースプーン1杯
・9インチのパイ生地




作り方
1. オーブンを華氏450度に温めておく。

2. 砂糖と小麦粉を混ぜる。パイ生地に4分の1入れる。
この上にダイオウを乗せていくのですが、ダイオウの間にセミを撒いてください。残りの砂糖と小麦粉を撒きます。
バターで表面の外皮をカバーしてください

3. オーブンの中にパイを最も低いラックに置き、先に5分焼く。そのあとオーブン温度を華氏350度に下げて、40~45分の間焼き続けてください


・・・・・・・(`ω´; )・・・・・・・・・




   17年土の中にいた蝉は約2週間鳴き続け、その後こんな姿に・・           


                


            ちょっとせつないですね



                 



     ではまた来週~~~
タイトルとURLをコピーしました