【怪我の治し方】

関西方面から北陸地方に来る時に、鉛色の空に変わると言われることがあります。
鉛色の空の下、福井から私、サカヤンがお送りします。
鉛色通信、略して「鉛通(ナマツウ!)」

さてサカヤン、先日指に怪我をしまして
グロ画像注意!!




仕事の機械の故障を直していてテスト運転中
ザックリ人差し指が機械に挟まっちゃいました
うっかりです、まったくうっかりです

爪がばっくり割れて、皮膚もざっくり割れてました
「あ~こりゃ指先なくなっちゃったぁ」
とか思っていましたが縫う傷でもなく写真のようになっています















ちなみに滲んでいるのはまぎれもなくです

この写真をみてお気づきでしょうか

サランラップのようなフィルムを撒き付けてあります

これは湿潤治療というもので
怪我をした時の傷から傷を治す為に必要な滲出液を逃がさず
常に湿らした状態で
自然治癒力を生かす治し方らしいです
まぁ、ここまで血が滲んできた時にはさすがに
これ治療方法間違ってるんちゃうんかい!
と思いましたが
次に通院したところ、もう血は止まっているとのことで






帽子を被せていただきました

ちなみに真っ二つになって浮いていた爪をでっかいピンセットで
ぶっちり取られました


じわじわくる先生に
「思いっきりいっちゃって下さい!」と大きい声で
叫んだのは秘密です







コンドームつけたちんこみたいになってますね


湿潤治療


とりあえずは全部の傷に適応する訳ではないようなので
怪我をしたらちゃんと病院に行くことをお勧めしますよ


あまりまともにキーを打てないのでこの辺で

ばいばい
タイトルとURLをコピーしました