【壺坂霊験記】

 

「壺坂霊験記」
壷阪寺に伝わる目の不自由なサワイチ開眼のおはなし。


                                      (ライター:チュロス)










頃は6月なかどころ、夏とはいえど片田舎、木立の森もいと涼し
小田の早苗も青々と、かわずの鳴く声どこかしこ、聞くも涙の夫婦連れ

妻は夫を労わりつ、夫は妻に慕いつつ壺坂寺へ


 

持っていた杖を離すとサワイチはみぞおちを押さえると


 

「あー痛たたた!」


 

「サワイチさん、どごが痛とうござんす、心を確かに持たしゃんせ!」


背中をさすられ顔を上げ

 

「一日も早ようこの眼を開けて頂きたいばっかりに、歩みなれない山道を急に急いで登ったせいか、下腹からみぞおちへキツくさしこんでなりませんのじゃ」


 

「それはえらい事でござんす、キツく悪くなってはならぬゆえ、いっそお山を下りましょうか?」



 

「何を言やるのじゃ、この差込がモトでお山で命を捨てるとも、
ご利益で片目だけでも治していただけるまではココ一寸も動きはせぬ!」

「えらい無理を言うてすまぬが、これから一走り家にもどり、お仏壇の引き出しにあるワシの薬を取ってきてはくれぬか」


 

「そんならこらから一走り急いで家へもどってきますけど、この岩に腰をかけて、サトが戻るまで動いてくださるなや」

「この山は険しい山道で谷の深さは10畳あまり、足滑らせて落ちたなら命はありませんぞえ」


 

「そなたに手を引いてもらえねば一寸先へも動けぬ目くら、すまんが、早よう行ってくだされ」


 

「ほんなら急いで行ってきますよってに」












 

私はシャクでも何でもない、シャクじゃと言って家に戻さねばそなたは帰りはせぬ、
ウソを言うてすまんけど、そなたを戻したその後は、谷へ身を投げて私は命を捨てる心。

なぜかと言えば








 

「ワシの様な不自由モノがいつまでも生きながらへておりましたら、
世間の人様からお里は器量よしじゃ美人じゃと、
褒めていただけるそなたが目くらの女房じゃと
後ろ指をさされ陰口言われてこの世を送らねばなりません。
それが不憫ゆえ死んでゆきます」









 

「私が冥土へ行ったその後はタダ一心に観音様へお願いし、ありがたいご利益を頂いて
楽しいこの世を送ってくだされ」


南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と念じ終わって谷へ歩みだす盲人。
羽織をたたんで岩の上にそっと置くとサワイチは谷へと身を投げた…

 








家にもどりし妻お里は薬たずさえ、心せくせく狼谷までもどってみたが、
夫の姿がみえずにびっくり!




 

「サワイチさんとしたことが、私の戻りを待ちかねて先に行かしゃんしたか」

夫を心配して壺坂寺まで登って捜してみたが、なんで知れよう夫の姿




 

「コレはしまった!」と、

胸の動悸は高まるばかり、きびす返して、あわてて戻った狼谷



 


足の痛みもなんのその、





 

「どごでござんす、さわいっつぁん!」







 

「怪我でもして倒れてはござんせんか!」






 

「私の声が聞こえたら、返事しておくれやす~!」

(ここで別れていつの世に会えようものぞ会わせてたもれ観音様!)






 

「サワイチさ~ん!」







 

あちらこちらを捜すうち、ふと見ればサワイチが家を出るときまとうて出でし神子の羽織、
袖たたみにして岩の上杖に草履を通して立て掛けてある。

見るよりお里は切れんばかりに泣きじゃくり( p_q)エ-ン



 

「恨みますぞえ、さわいっつぁん!」

シャクでも無いのに嘘ゆうて、私を家に戻しておき、
お目の開かぬをくになされ、谷へ入って死なしゃんしたか…( p_q)エ-ン


 

死ぬなら死ぬでなぜこの里におっしゃってはくだしゃんせぬ…( p_q)エ-ン



 

「目の見えないのに一人で死んで、弥陀の浄土に行く道は、誰を頼りにゆかしゃんす…」






 


「サワイチさん!男の心は薄情な、女子の心はそうじゃない…」

「あなた一人はやりませんよ」と飛び込こむと、



 

観音様の姿が現れて、ふたりは生き返えり、サワイチ両眼全開という、いとめでたの物語。






つづかない









タイトルとURLをコピーしました