【GUN SMOKE】02



いくつもの無法地帯を渡り歩く、左拳銃の男… 彼の目的は復讐だった!

「神よ、俺はいつだって先に銃を抜いたことは無いぜ…」

                                            (ライター:チュロス)






(隣町で親の敵、ビック・マクドーウェル一家のトニーを倒したチュロッキーは
                  3年ぶりにドナーズの町へ帰ってきた。しかし…)





「ひさしぶりだな、この町も」
「しかし、妙だな誰もいやしねぇ」




「わーい!チュロッキー!」
「おぉ!チュロッキー!よく生きていてくれた!」




「。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。エーン!!」
「一体どこで何をしていたんだチュロッキー!」
「オルドン・ファッショ一家が炭鉱跡で死んでしまったと聞いて心配していたんだぞ!」

「久しぶりだなニコ!ポデリン町長!」



「オルドン親分が死んじまった後、マクドーウェル一家がこの町でのさばってやがる」
「おまけに、男手はみんな金鉱へ連れて行かれちまったんだ」




「そうだったのか…」
「オレは炭鉱でやられた時、記憶をなくしちまった」
「それから3年、記憶が戻ってやっと帰ってこれたわけさ、すまねぇ」



「どうだい、チュロッキー この町で保安官になってくれんか!」
「わーい!」

「…」



「すまねぇ、そいつはできねぇ相談だ…」
「お尋ね者が保安官になるなんて事はできないぜ」
「それに…」



「オレは親分の敵をとらなくっちゃ~ならねぇ!」
「マクドーウェルの頭にこいつの弾をぶち込んでやるのさ!」



「言い出したらきかないのがお前さんだ…」
「。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。エーン!!」
「じゃあな、町長さん、ニコ、おれは行くぜ」




「まちな、チュロッキー、金鉱までは大分あるぞ、ワシの馬を持って行け」
「かならず、必ず生きて帰ってくれよ」



「ありがとう、町長」
「マクドーウェル一家を倒して、かならず生きて帰ってくるぜ」



「チュロッキー! カム バ~ック!」




「神よ、俺はいつだって先に銃を抜いたことは無いぜ…」

(コルトSAAに詰められた弾を数えてみればあと5発、親分の仇もあと5人、
  親分の仇を探してどこまでも、
    どこまでも続く長い道のりを夕日に向かって歩き続けるのでありました)








つづくかも



タイトルとURLをコピーしました