究極★アイロンかけるぞ

最近「エクストリームアイロニング」というスポーツがキテいるようです

名前の通り、究極のアイロン掛け!  スケールがでかいです。



                 



エクストリームアイロニングとは、山や海、川などの厳しい自然環境下において、アイロン台を出し、涼しい顔で平然と服にアイロンを掛けるという、なんともスタイリッシュ(?)な極限的スポーツです。極限でのアイロン掛けを行う場所としては、そこに到達するだけでも厳しい岩肌、海中、山頂、空中(スカイダイビング中など)、激流でのカヌー上、波乗りの最中、スキーの最中、強烈な人混みの中など、とにかく「極限下で」という事が絶対条件となります。

一見単なるバカに見えがちなエクストリームアイロニングですが、そこには強靭な肉体と精神、そして周到な準備と、アイロニングをする際に遭遇するその環境に精通する能力と経験が必要不可欠であり、その上ユーモアを理解し表現しうる高度なスキルも必要となります。



エクストリームアイロニングは1997年にイングランドにて発祥しました。フィル・ショウというクライミングを趣味に持つ人が、天気の良い日に外でアイロンを掛けたのがきっかけです。現在は愛好者から競技として認知され、不定期ながら世界大会も開催されるようになりました。第一回大会はドイツのMunichという町で2002年9月に開催されました。1500mのコースの途中に5つのアイロン掛けポイントがあり、いかに上手に掛けたか(技術点)、いかにエクストリームに掛けたか(ビジュアル点)、そしていかに早くゴールしたか(タイム)、これらの総合点で優勝を争いました。それぞれのチェックポイントでアイロン掛けされたハンカチなどは、ドイツのクリーニング店協会から派遣された審査員らによって掛け具合がチェックされました。5つのアイロン掛けポイントは、フリースタイル(自由演技)、アーバンスタイル(街でのアイロン掛け)、ロッキースタイル(ロッククライミング時でのアイロン掛け)、フォレストスタイル(森でのアイロン掛け)、ウォータースタイル(川でのアイロン掛け)、これら5つです。2003年にはエクストリームアイロニング時の写真や映像を本部(ロンドン)で審査し、それでその年の優勝を決めるという画像審査方式の世界大会も開催されました。


  ・・とにかく精神力が必要なスポーツなんです





 極限状態である事というのがポイントです




 これから流行しそうなのでみなさん初めてはいかがでしょうか?





  チキショー シワが気になって仕方がねえ!
タイトルとURLをコピーしました