【GUN SMOKE】01



いくつもの無法地帯を渡り歩く、左拳銃の男… 彼の本当の目的は復讐だった!

「神よ、俺はいつだって先に銃を抜いたことは無いぜ…」

                                            (ライター:チュロス)





(スタスタと歩く男はお尋ね者)

「俺はこの町でもお尋ね者か」
「しかし、やつは必ずこの町にいるはずだ…」
「必ず見つけ出してやるぜ!」



(保安官事務所前)

「ふぁ~、今日も一日平和でありますよう…」
「!!!」
「むむむ!ありゃ~よそ者だな」
「待ちなよそ者!ここじゃ銃を預ける決まりになっている…」



(保安官が男の方へ歩み出て顔を見合わせたその時)

「ハッ!!!」「むむ!!!」





「やっぱりこの町にいやがったな、へっぽこウサギのトニー!」
「ココであったが100年目、いや3年目!親分の仇だ!覚悟しやがれ!」




「ふへっへっへ、おめーがまだ生きてたとはなぁ~、早撃チュロッキー」
「3年前に、おめぇ~んとこの親分と一緒に炭鉱に埋っちまったはずだぜ~」

(と、いいながらへっぽこウサギのトニーは気づかれないようにそっと拳銃に手をかけた)





「昔の俺とは違うぜチュロッキー!」
「俺は今じゃ保安官、おめぇはタダのお尋ね者よ!」

(覚悟しやがれと、そっと触れていた拳銃を
   チュロッキーより先に抜いたかと思うと弾丸は放たれた!)




「やっぱり、おめぇは何にも変わっちゃいねぇな!へっぽこトニー!」
「おめぇの弾筋は3年めぇと何にも変わっちゃねぇ!」

(そう言いながら、弾をよけると同時に親の譲りの拳銃コルトSAAをぬいたチュロッキー!)



(その弾は、みごとにトニーの額の真ん中を貫いたー!)
「フンゲェ~」





(あわれ、へっぽこウサギのトニーは一撃であの世行き!)

「あと、5人…」
「親分の仇があと5人…」
「きっと見つけ出してやるぜ!」




「神よ、俺はいつだって先に銃を抜いたことは無いぜ…」

(コルトSAAに詰められた弾を数えてみればあと5発と親分の仇もあと5人、
  親分の仇を探してどこまでも、
    どこまでも続く長い道のりを夕日に向かって歩き続けるのでありました)








つづくかも
タイトルとURLをコピーしました