ルールを守る日本人 世界でも類を見ない真面目すぎる国民性 大麻厳罰化の流れと世界的な非犯罪化の違い。


ルールを守る日本人 世界でも類を見ない真面目すぎる国民性 大麻厳罰化の流れと世界的な非犯罪化の違い。

(ライターFT)

 アメリカの多くの州でかなビス(大麻)の合法化や非犯罪化が進んでいる。

 しかし日本では厳罰化の議論が行われているとか。

 この世界的に合法の流れを無視した日本の流れ、一体なぜなんだろう。

 急に罰則強化が検討され始めたワケ 

 バイデン新大統領の民主党政府は大麻の合法化を党としてうたっています。連邦政府として大麻を合法化し、かつこれまで大麻取締法で罪に問われた人の前科を抹消しましょうという法案をすでに下院では通しています。

 連邦政府としてアメリカが大麻を合法化してしまうと、日本は相当に困るのではないでしょうか。というのも、日本では大麻の乱用実態がなかったにもかかわらず、第2次世界大戦後にGHQの指導で大麻取締法ができた歴史があります。その米国の指導という根拠がなくなるからです。

 だから、バイデン政権が本格的に始動する前、しかも安倍首相がいなくなり、菅政権も解散する前という今が、この規制をいじくるチャンスなんです。ここのタイミングを逃したらまずい。

🌟なぜ突然、大麻「使用罪」創設の議論が始まった? 薬物依存症の専門家に裏表を聞きました。




日本は大麻問題への寛容な意識をさっさと広げるべき

 オランダ、スペイン、ウルグアイなどは完全に合法化、大麻草の成分であるカンナビノイドの研究も進んでいます。

 日本の場合、がん患者が医療用大麻の使用を訴えた裁判で、認められず命を落としてしまうという、なんともやり切れない出来事まで発生しています。

 末期がん患者が最後にすがった大麻は違法か? 劇的改善の被告が「命守るため」と無罪主張 司法の判断は… 

  大麻を所持したとして大麻取締法違反(所持)罪で逮捕・起訴された末期がん患者の男性=東京地裁で公判中=の裁判が注目を集めている。同法は大麻の栽培や所持、医療目的の使用や研究などを禁止。

 男性は「全ての医師から見放された中、大麻ががんに効果がある可能性を知り、治療のために自ら栽培し使用したところ症状が劇的に改善した。憲法で保障された生存権の行使だ」と無罪を主張。

 大麻を使用した末期がん患者が生存権に基づいて無罪を訴えるケースは初とみられる。欧州諸国や米国の20州以上で医療用大麻の合法化が進む中、日本での医療用大麻解禁の是非が争点になる可能性もある。司法はどう判断するのか-。(小野田雄一)

 大麻を自宅で栽培・使用したところ、痛みが和らいだほか、食欲が戻り抑鬱的だった気分も晴れた。また、腫瘍マーカーの数値が20分の1に減り、改善の兆候が現れたという。

 山本被告は「医師も『ありえない』と驚いていた。数値が下がったことを示すカルテもある」とし、「育てた大麻は他人に販売も譲渡もしていない。現代医療に見放された中、自分の命を守るためにやむなく行った」と話した。

🌟末期がん患者が最後にすがった大麻は違法か? 劇的改善の被告が「命守るため」と無罪主張 司法の判断は…


 事件の概要は裁判を起こし、司法判断を待っていた山本氏は、残念ながら判決の結果を待つことなくこの世を去ることになります。

 末期という苦しい状況の中で、楽になることさえ「ならぬものはならぬものです」というルールを守らないとならないという日本人の感覚、これには疑問しか残りません。お亡くなりになられた山本氏だけでなく、ガンで苦しんでいる人は日本に多く存在します。

 日本の死因第一位は悪性新生物、つまりガンが死因の第一位なのに・・・

 さて、嗜好品としての大麻は幻覚や人を傷つけることはあるのでしょうか?

 覚醒剤のように禁断症状が出て、大変な人生を送ることになるのでしょうか?



実際に大麻を使用している人の動画をご覧下さい。(視聴には年齢認証が必要です)

 この動画をどう感じるかは人それぞれです。否定も肯定もしないですが、現実はこんなもんです。
タイトルとURLをコピーしました