スタンフォード監獄実験 悪魔の実験 再び


スタンフォード監獄実験 悪魔の実験

(ライターFT)

スタンフォード監獄実験 

 1971年8月14日から1971年8月20日まで、アメリカ・スタンフォード大学心理学部で、心理学者フィリップ・ジンバルドー (Philip Zimbardo) の指導の下に、刑務所を舞台にして、普通の人が特殊な肩書きや地位を与えられると、その役割に合わせて行動してしまう事を証明しようとした実験が行われた。模型の刑務所(実験監獄)はスタンフォード大学地下実験室を改造したもので、実験期間は2週間の予定だった。

 新聞広告などで集めた普通の大学生などの70人から選ばれた被験者21人の内、11人を看守役に、10人を受刑者役にグループ分けし、それぞれの役割を実際の刑務所に近い設備を作って演じさせた。その結果、時間が経つに連れ、看守役の被験者はより看守らしく、受刑者役の被験者はより受刑者らしい行動をとるようになるという事が証明された。

🌟 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



人は環境によって悪魔になるのか あの「監獄実験」がいま再び見直されている




 実はこの「スタンフォード監獄実験」も裏があるという噂です。



 こうした実験は面白いですね。

 映画も多く制作されています。

 人間の心理って奥が深いです。

 人に優しくできる人もいれば、反対に残酷に慣れることだって可能ということです。
タイトルとURLをコピーしました