現実化した秘密道具 再考しよう


現実化した秘密道具 再考しよう

(ライターFT)

ドラえもんですでに実現された「秘密の道具」35選 

 ある有名なベンチャー企業の代表は「人間が想像できるものはいずれ必ず実現できる」と語っていました。実際に私たちの今の生活でも、数十年前に描いていた想像の多くが実現されています。

 では、実際にどんなものが想像されて、すでに実現されたのか、ドラえもんの秘密の道具から実現できているものを見ていきましょう。

🌟ドラえもんですでに実現された「秘密の道具」35選




 上記リンクサイトでは秘密の道具1:アンケーターが実現されたもの1:遺伝子検査キットとして紹介されています。



 悪と大掛かりな装置です。

【アンケーター】を含む道具 

 髪の毛や爪の欠片など体の一部分を機械の裏のデータポストにセットすると、遺伝情報を解析して、その人の全ての情報を引き出せるようになり、本人に直接聞かなくても、本人の意見を気を遣わずにそのまま思った事を喋ってくれる。機械は嘘をついたり、隠し事をしない。番号を振って複数の人を登録でき、すぐに呼び出せるメモリ機能搭載。この機械で、しずかちゃんの焼き芋好きが発覚した。

🌟【アンケーター】を含む道具



🌟ジーンシリコンとは

 現実にできている装置でわかりやすいと思ったのが、上記の画像のマシンです。

 もちろんこの秘密道具以外にもたくさん現実化されています。



 これは完全に携帯電話ですね。携帯電機能のみというシンプルさですが、完全に再現されていますね。すでにこの時の藤子不二雄の想像の域を超えちゃってますね。

糸なし糸でんわ(道具) 

単行本: てんとう虫コミックス・カラー作品集第1巻第14話『糸なし糸でんわ』(P.105)

デビュー掲載雑誌: 小学一年生1985年12月号『いとなしいとでんわ』

 『糸なし糸でんわ』は二個の筒でできており、筒のボタンを押すと、相手の電話は「ピン ポロポン」と鳴り出すひみつ道具である。呼び出し音は、相手が出るまでどんどん大きくなる仕組みになっている。

 糸なし糸電話:数あるひみつ道具の中で、『糸なし糸電話』は現実の世界において実現したのみならず、最も進化を遂げたひみつ道具の華である。現在「携帯電話」として実用化され、想像できないほどの機能を盛り込むことに成功し、日常生活の中で最も広く深く普及したひみつ道具である。

🌟糸なし糸でんわ(道具)


 そのほかにも色々と実現化されています。



 人間が想像できるものは全て実現化できるということですね。

 タイムマシンはいつできるのでしょう。



現実化した秘密道具 実現は本当なのか?

(ライターFT)

文科省研究所が予測 

 2035年に実用的な性能を持った次世代計算機「量子コンピューター」が実現し、33年には「空飛ぶ車」が都市部で人を運ぶ――。

 こんな未来の科学技術の予測を文部科学省の科学技術・学術政策研究所がまとめた。専門家約5300人への調査などを基に2040年の未来像を描き、約700の科学技術が普及する時期などを分析した。政府は分析結果を科学政策の議論に役立てる。

🌟量子計算機・空飛ぶ車… 2040年に実現する未来技術は




 日本経済新聞ではあと20年でドラえもんが描いた未来に更に近づきます。

 すでに開発が進んでいる「農業を変える技術」は日曜劇場「下町ロケット」でも描かれた未来はすでに実現の域に達している。後はコスト的な問題が解決すればいいだけ。

 現在はスマート農業と呼ばれるIOTを駆使したAIを基本とした農業が実現されつつある。



 凄いです。ここまで来ているんです。

 これは農業の自動化、生産性の向上そのものです。

 詳しいことを言えば中身はまだまだで、誰もが使えるものではないのが課題です。ただ、農業の高齢化に伴い、農業が楽になり、それなりの収入が見込めれば農業に参入する人は増える事は間違いないだろう。

 特に知識と経験がモノをいう農業、誰もが認める優秀な農作物は熟練した人しか作れないのですが、それが誰でもできるとしたら参入する人も多くなるでしょう。

 量子コンピューターの登場が大きく世界を変える。

 2020年からの10年でこの分野は大きく進化すると思われる。2018年時点で実現マジかと言われていたが、2020年時点では完成しているが汎用性が高くないと言われている。

 次回は量子コンピューターについて詳しく調査していきたい。






現実化した秘密道具 量子コンピューターで見える未来

(ライターFT)

1. 量子コンピューターとは 

 量子コンピューターは、量子力学の性質を利用して、従来のコンピューターはもちろんスーパーコンピューターをも遥かに超える高速計算が可能であり、その速さは従来のコンピューターの1億倍のスピード!と言われています。

 通常のコンピュータの動作原理は、0か1で表すビットが基本であるのに対して、量子コンピュータの場合は、0と1を同時に扱うことができる量子ビットという単位で計算を行います。

 量子力学の性質である内部での大量のデータの重なりやもつれの状態が発生することにより、多数の並列計算が実現し、とてつもなく高速な計算が可能となります。

 一方で、現在はまだどんな問題でも高速に正確に計算できるわけではないようで、重なり合ったデータから正しい答えを取り出す確率を上げるための方法には様々な工夫が必要であり研究が進められています。

🌟未知数の可能性を持つ量子コンピューターでできること




 現在使われているコンピュータは限界があると言われています。AI分野、IoT分野の発展に伴い、今後ますますデータ量は増え続けるとされており、大規模で難解な計算を得意とする量子コンピューターの可能性に注目が集まるようになってきました。

 例えば渋滞は現在でも大きな問題です。

 これを回避できるとしたら画期的ですね。膨大な交通データを最適化できるとしてナビゲーションシステムで最適なルートを選び、渋滞のない世界が生み出せるなら人間にとってとても役立ちますね。

 いくら科学技術が進歩しても渋滞が無くならないのはなぜ?

 こんな初歩的な社会現象から高度な事象までコンピューター解析できるとしたらとても便利ですね。

 しかしあくまでもこれらは予測にしか過ぎません。

 人間の何千倍も早く予測ができるだけの事だったら、ヘェ~って感じですね。


🌟量子コンピュータって何? 動作の仕組みや開発ロードマップ、未来像を解説

 イメージとしてはこんな感じですね。

 🌟詳しくはこちらのサイトで

 量子コンピューターは1960年台から考えられ、ようやく実現性が見えてきました。

 どんなサイトを見てもいまいちよく理解できません。なので以下の動画をご覧下さい。



 一回見ただけではよく理解できないですね(笑



 要するに量子コンピューターで何ができるかは上記の動画で確認下さい。

 新型コロナウィルすのワクチンなんかも素早くできるのであれば早く開発して欲しいですね。
タイトルとURLをコピーしました