レジェンドミュージシャン達がどんどん亡くなっていく フィル&エディ 永遠に


レジェンドミュージシャン達がどんどん亡くなっていく フィル・スペクター獄中死

(ライターFT)

 フィル・スペクターの功績は大きい。

 ビートルズをはじめ、多くのミュージシャンに大きな影響を与えた人物で、レコーディング手法に革命を起こした人でもある。


 「ウォール・オブ・サウンド」の生みの親として知られ、1960年代初頭のポピュラー音楽の録音方法に革命を起こしたプロデューサー、フィル・スペクターが80歳で亡くなった。 

 彼のスタジオでの功績は画期的なものだったが、2003年に自宅で女優のラナ・クラークソンを射殺した容疑で逮捕。2009年に第2級殺人罪で禁固19年の有罪判決を受けて収監されており、その功績は影を潜めていた。


 スペクターの死は、カリフォルニア州矯正リハビリテーション局によって確認された。カリフォルニア州の医療施設に収容されていたフィル・スペクターは、2021年1月16日(土)午後6時35分に、外部の病院で自然死を宣告された。彼の正式な死因は、サンホアキン郡保安官事務所の検死官によって決定される。

 フィル・スペクター(本名:ハーヴェイ・フィリップ・スペクター)は1939年12月ニューヨーク市ブロンクス生まれ。父の死後、ロサンゼルスに移住し10代の頃から音楽活動をスタートさせた。1958年にテディ・ベアーズを結成し、翌年の「To know him is to love」(邦題:逢った途端にひとめぼれ)で全米1位を獲得。その後はバンド活動よりも音楽制作の方へと興味が移り、音楽プロデューサーとして活動を開始する。

 1961年にレスター・シルと共にフィレス・レコード設立。ザ・ロネッツ「Be My Baby」を筆頭に数々のヒットを送り出す。この頃に「ウォール・オブ・サウンド」と呼ばれる独自の録音技法を確立し、ポピュラー音楽に多大な影響を与えた。

 1970年にはビートルズ『Let It Be』のプロデュースし、その後もジョン・レノンやジョージ・ハリスンなどの作品を手掛けてきたが、70年代以降は麻薬や奇行などが多くなり、1980年にラモーンズのアルバム『End of the Century』をプロデュースして以降は第一線から退いた。

🌟
フィル・スペクターが81歳で死去 「ウォール・オブ・サウンド」を発明したプロデューサー




60年代から70年代に異彩を放ったフィル・スペクターのウォール・オブ・サウンド



 大滝詠一の名曲なんかはこの曲がなかったら生まれていなかったかもですね。



 中々、大滝詠一のオリジナル動画がなく松たか子ヴァージョンでお楽しみ下さい。



 要するにフィルが行ったレコーディング手法は多重録音、つまりオーバーダビングを重ねる手法、現在では普通に誰もが行っているレコーディング手法ですが、当時としては画期的で「ウォール・オブ・サウンド」と呼ばれ、ビートルズなどもフィルにプロデュースを依頼する程です。

 アルバム「レット・イット・ビー」では色々とメンバー間の軋轢やフィルとの問題もあったのですが、フィルの手法は誰もが認める高品質でこの時代では最先端であったことは間違いない。

 ポール・マッカートニーはあまりの自分の作品とかけ離れすぎたことで、激怒したと言われていますが、誰も文句を言えなかった神格化したビートルズに対して全く遠慮しなかったのはすごい話です。

 アルバム「レット・イット・ビー」以降、ジョンとジョージは自分のソロアルバムでフィルをプロデューサーに迎え入れています。

 2021年に入り、ロックのレジェンドたちが次々と亡くなっています。

 年齢的なことなのですが、寂しい限りです。



レジェンドミュージシャン達がどんどん亡くなっていく エドワード・ヴァンヘイレン

(ライターFT)

 エディが2020年10月6日に長い癌との闘病生活の末、この世を去った。

 忘れもしない中学2年生の頃、ファーストアルバムの中の1曲で「Eruption」というエディのギタープレイのみの曲を当時発売されたばかりのSONYのウォークマンで聴いた。

 あまりの衝撃的なギタープレイに一瞬でヴァン・ヘイレンの虜になったことを覚えている。


 ロック界のレジェンド、ヴァン・ヘイレン(Van Halen)のオリジナル・メンバーで、ギターの名手だったエディ・ヴァン・ヘイレン(Eddie Van Halen)が、2020年10月6日、癌との長い闘病生活の末に逝去した。65歳だった。 

 彼の息子であるウルフギャング・ヴァン・ヘイレンは次のような声明を発表している。

 「これをお伝えしなければならないことが信じられませんが、私の父、エドワード・ロードウィック・ヴァン・ヘイレン(Edward Lodewijk Van Halen)が今朝、長きにわたる癌との苦しい闘病の末に亡くなりました。彼は最高の父親でした。ステージの上でも下でも彼と共に過ごしたすべての瞬間が贈り物です。今は悲しみに打ちのめされていて、この喪失感から完全に立ち直ることはできないと思います」

 エディとヴァン・ヘイレンのメンバーは、1978年に“ハードロックのルールを塗り替えた”と称された煽動的なセルフタイトルのアルバムに始まり、ヴォーカルのサミー・ヘイガーが脱退する90年代半ばまで、20年以上にわたり全米アルバム・チャートを席巻してきた。

🌟
永遠のギターヒーロー、エディ・ヴァン・ヘイレンが癌のため65歳で逝去。その功績を辿る




ヤング・ギター[インタビューズ]エドワード・ヴァン・ヘイレン (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2015/9/18
エドワード・ヴァン・ヘイレン (著)




 偉大なギタリストなのだ。

 今ではタッピングといますが、この奏法を世界に広めた人がエディなんです。

 1978年、「炎の導火線」というアルバムをリリース。多くのギタリストはエディのギタープレイから何らかの影響を受けていたはず。

 2020年に亡くなったとニュースで知った時はとてもショックでした。



 キンクスのカヴァー曲



 Van Halen – Runnin’ With The Devil (Official Music Video)

 懐かしいですね。
タイトルとURLをコピーしました