水素燃料の可能性 水素燃料社会は実現するのか?


水素燃料の可能性 水素燃料社会は実現するのか?

(ライターFT)

 水素燃料(燃料電池)」はCo2を排出しないという話はインターネットで情報を探れば数多くヒットします。しかも様々な資源から水素を作り出すことができるらしく、国家戦略としても「水素基本戦略」が打ち出されています。

 すでに自動車業界ではEV車を2050年までに、ガソリン車から転換しようという動きが出ています。

 EV=電気自動車なのですが、電気を作る上でCo2が発生するのであれば、燃料電池の方が環境に優しいのではないのか?

 水素がもつ2つの特徴 

 「水素社会」という言葉を聞いたことがありますか?「水素」は数年前、燃料電池自動車の商用化とともに、次世代エネルギーのひとつとして、メディアで特集が組まれるなど大きな話題になりました。

 現在も各分野で研究が着実に進められており、2017年12月26日には、府省庁横断の国家戦略として「水素基本戦略」が打ち出されています。その内容を見る前に、今回はあらためて、水素がなぜ新エネルギーとして注目されているのかをおさらいしてみましょう。

 エネルギー資源として見た場合、水素には2つの特徴があります。

 さまざまな資源からつくることができる。

 水素は、電気を使って水から取り出すことができるのはもちろん、石油や天然ガスなどの化石燃料、メタノールやエタノール、下水汚泥、廃プラスチックなど、さまざまな資源からつくることができます。また、製鉄所や化学工場などでも、プロセスの中で副次的に水素が発生します。

 エネルギーとして利用してもCO2を出さない

 水素は、酸素と結びつけることで発電したり、燃焼させて熱エネルギーとして利用することができます。その際、CO2を排出しません。

🌟「水素エネルギー」は何がどのようにすごいのか?




東京水素情報館 スイソミル

 すでに家庭用燃料電池としてPanasonicから「エネファーム」というエコシステムが登場しています。

 燃料電池は水素と酸素を反応させて電気を取り出す発電装置になります。

 デメリットとしては水素を製造する際に二酸化炭素が発生してしまいます。

 水素と酸素を反応させて電気を取り出すのに二酸化炭素が発生するのであれば、意味なんてないのではないか?

 これは天然ガスやLPGなどを使用し水素と酸素を反応させて水素を作るので、天然ガスやLPGを使用しないで電気を作ることができれば、完全クリーンエネルギーといえますね。ドイツでは二酸化炭素フリーの風力発電による水素を製造するプロジェクトが進んでいるそうです。



 実際に燃料電池車を所有している人の動画でデメリットをわかりやすく解説しいてくれています。

 現時点では中々厳しい状況になりますね。

 まだ時期的には早いのかも知れないですね。
タイトルとURLをコピーしました