Webディレクターという職業はWebスキルがないとできないのか? まとめ


Webディレクターという職業はWebスキルがないとできないのか?

(ライターFT)

 今日はWebディレクターという仕事ってどんな仕事なのかを考えてみましょう。

 デザインもプログラムもする訳ではありませんが、ウェブサイトの目的を明確にし、発注から運用、各パートのとりまとめやくを担う存在となります。

 企業や内容によって仕事内容は大きく違ってくるのがWebデレクションになります。

1. webディレクターとは 

 webディレクターとは、webサイトを制作する際に全体の指揮をとる人を指します。クライアントの要望を聞いてwebサイトの方向性を決定し、デザイナーやプログラマーなどの制作チームをまとめます。そのwebサイトが完成するまでの一連のプロジェクトリーダーと言えます。

 ・企画系webディレクター
…社内の制作部署の中で、webディレクションを行う。
マーケティング系とも呼ばれることもある。

 ・アート・クリエイティブ系webディレクター
…web制作会社でwebディレクションを行う。
アートディレクターと呼ばれることもある。

 ・システム系webディレクター
…システム会社でwebディレクションを行う。
システムエンジニア経験者が多い。

 ・営業系webディレクター
…サイトの制作依頼の営業も行う。
企業内のweb担当の人が行っていることが多い。

🌟Webディレクターって何?|仕事百科




Webディレクターとは – 各業界におけるWebディレクターの役割

 Webサイトをただ作るだけであれば特にプロジェクトなどは必要ありませんが、企業や物を売りたいと考えるならただWebサイトを立ち上げるだけでは何も売れないのです。

 モノを売るサイト作りを考えるなら、チームで動いた方が売れやすくなります。

 もちろん、プロジェクトチームを立ち上げてチームを動かさないとなりません。

 そこに関わる人は、Webデザイナー、システム開発(プログラミング)、管理運用、マーケティングなどでWebサイトで何を売りたいのか、どれだけの売り上げを目標にするのかなどの明確な目標が必要になります。何でもそうですがビジネスを考える上で、こうした明確な目標設定はビジネスの基本になります。

 まずは受注、依頼、問い合わせがあり、顧客にヒアリングを行います。ヒアリング時に顧客がどんな商品を取り扱っていて、それをどうしたいのか、ヒアリングが完了すると、企画段階に入ります。

 企画が仕上がったらようやく受注になり、プロジェクトが発動します。

 まずは基本的なWebデレクションを学んでみましょう。



 中々難しいですが、面白そうな内容でした。

 クライアントと製作側でのコミュニケーションが大切というのは理解できました。



Webディレクターという職業はWebスキルがないとできないのか?経験は必要なのか?

(ライターFT)

 前回からWebディレクターの仕事内容を簡単に紹介してきましたが、Webディレクターに必要な能力、経験、スキルなどはどんなものが必要になるのか?

 経験がない人がWebディレクターになるにはどうしたら良いのか、勤務時間はどれくらいになるのかなどを調べてみましょう。

Webディレクターに必要な能力 

 Webディレクターは、Webサイト制作における監督のような役割です。Webデザインやプログラム、Webマーケティングといったサイト制作に関わるスタッフをまとめるために、主にスケジュール管理能力とコミュニケーション能力が求められます。

 Webコンテンツの制作は、複数の案件が同時に動いている場合が少なくありません。したがって、Webディレクターは各案件の進捗状況やスケジュールを十分に把握する必要があります。

 クライアントと各スタッフの間における仕事上の認識の相違を防ぐため、打ち合わせや情報共有を密に行うこともWebディレクターの重要な仕事の1つです。

 また、プログラム・デザイン・コーディングなどの各分野の専門スタッフと話をする際に、技術的なことがまったく分からない状態では、適切な指示を出すことができません。そのため、ある程度の技術的な知識を身に付けておくことも必要です。

 例えば、Webデザイナー出身のWebディレクターも、デザインだけでなくコーディングやSEO(Search Engine Optimization、検索エンジン最適化)といったWebマーケティングの分野についても精通していることが望ましいです。

🌟Webディレクターとは? Webディレクターの仕事内容と年収




Webディレクターの年収はいくら?必要なスキルや能力を徹底解説

 Webディレクターになるには経験は必要です。最初にこんな話をしてしまうとここで終了となってしまいますが、経験がなければ経験すればいいのである。

 Web制作会社に就職するのもいいし、自身でWeb関係のスキルを学び、実際にWebサイトの制作からデレクションまでやってみるのもいい。もちろん実際にサイト上にアップし、検証が必要になります。

 Webスキルを学ぶ余裕のある人は学校で学ぶのも一つの方法です。

 Webディレクターを簡単に説明すると、Web業界においてプロジェクトを監督・指揮・管理する人を指すことになります。ここで一番大切なのは利益につながるWebサイトでなければならないということです。

 大切なのは管理とコミュニケーションスキルです。

 そしてある程度のプログラム・デザイン・コーディングなどの技術的な話ができるかどうかです。例えば、Webデザインをスタイリッシュなデザインにしたいなら、スタイリッシュなデザインをするWebデザイナーが必要になります。

 革新的なプログラムを作るプログラマーや、売り上げに繋がるマーケティングスキルが必要になります。

 こうしたことが解っている人は、Webディレクターに向いていると思います。

 そしてプロジェクトチームには個性豊かなエンジニアが揃います。

 言い方を変えれば偏屈な人たちが多いかも知れません。

 こうした人たちをまとめ上げる人間力が必要になります。

 このように考えると人間力を磨いておくことも必要になります。


リーダーシップとは 素質ではなくスキルだった!理論の変遷を解説

 リーダーシップには生まれ持った資質ではなく、スキルを学ぶ事でスキルアップが可能と考えた人がいます。

 三隅二不二(みすみ じゅうじ)という人が提唱した「PM論」がそれです。

 優れたリーダーの行動を見いだし非リーダーに模倣させることにより、リーダーを育て上げるための理論として考えられました。


リーダーシップとは 素質ではなくスキルだった!理論の変遷を解説

 こうした理論を用い、リーダーシップの基礎となるスキルを上げることが可能です。

 画像のように「PM型」が理想のリーダーシップといえます。

 この理論を基にスキルアップを目指しましょう。

 自分が元々備えているスキルと自分にないスキルを特定し、ないモノを補うことで理想系に近づけることが可能になります。

 三隅二不二(みすみ じゅうじ)のリーダーシップ論は1940年に考えられた理論です。

 現在ではさらに進化していますので、まずは三隅二不二(みすみ じゅうじ)で基本を踏まえ、スキルアップを目指しましょう。



 ポートフォリオを制作するのもいいかも。

 やろうと思えば、スキルや年齢は関係ないと思います。

 もちろん立ちはだかる障壁は大きいかも知れません。

 50歳を過ぎていたって転職は可能です。

 今回はWebディレクターという職業を考えてみましたが、どんな職業を目指すにも自分次第です。

 こんな時代だからこそ、自分には何ができるかを考え実行していきましょう。
タイトルとURLをコピーしました