名曲の歌詞を理解しよう エロ編 まとめ


名曲の歌詞を理解しよう BBCをドン引きさせた卑猥極まりない歌詞

(ライターFT)

翻訳して分かるビートルズ名曲の真実 

 何度も耳にしていてなじみ深い洋楽の名曲の数々。だが、意外と歌詞やタイトルの意味を知らずにぼんやりとしたイメージだけで聴いている人が多い。しかし歌詞やタイトルを翻訳し、そこに込められた物語を知ると、それまで抱いていたイメージとは大きく異なることに気づくはずだ。

 意味を分かって聴けばこれまでとは違う感動を味わうはずだし、カラオケで歌えば歌に説得力が増すだろう。

 ビートルズの英語はやさしい。歌詞自体は中学校で学んだ英語力でたいていは読める。学校の英語教科書に楽譜付きで歌詞が掲載されるくらいだ。ならば、それを訳すのはさほど手間がかからずに済むだろうと当初は思った。

 が、しかし! その考えは非常にあまかった。表面的に英語を日本語に変換しただけのビートルズの歌はひどく陳腐で、ビートルズにならない。つまり英語を正しく翻訳したところで、その世界観を熟知していなければ、この伝説のロックバンドの名曲は翻訳できないことに気が付いた。

🌟翻訳して分かるビートルズ名曲の真実



『アビイ・ロード』50周年記念エディション

 ビートルズのホワイトアルバムの中に収録されている『Happiness Is A Warm Gun』という名曲がある。

 作詞作曲はジョン・レノン。

 この曲、発表された当時英国放送協会(BBC)をドン引きさせた卑猥極まりない歌詞でした。

 4つの断片を繋ぎ合わせて作られた楽曲で、曲名は全米ライフル協会の雑誌に掲載された記事のタイトルから採られたそうですが、全米ライフル協会が発行している雑誌『アメリカン・ライフルマン(英語版)』(1968年5月号)に掲載されたウォーレン・W・ハーリヒーの記事の見だしから拝借して、本作の曲名を付けたそうですが「よくもまあとんでもないことを言えるものだと思った。温かい銃ということは、何を撃ったばかりだということだ」というジョンのコメントが残っている。



 Happiness Is A Warm Gunを直訳すると「銃の温もりほど良いもんはない」って所でしょう。

 要するに逝ったら気持ちいいということです。

 そりゃBBCもドン引きするわ(笑

 Mother Superior jump the gunというフレーズに関しては「修道女が先走る」と直訳できますが、これも完全に違った意味になります。

 銃声の「bang(バン)はあの時の音のこと。

 「jump the gun」は「早まる」「焦る」という慣用句になり、先走っちゃいそうだ、修道院長っ!

 かなりヤバイですね。

 ビートルズの名曲でした。




名曲の歌詞を理解しよう 実はエロかった歌詞

(ライターFT)

⑤ラズベリー/5thアルバム『空の飛び方』(1994年)収録 

 これは「セックス」を歌った曲という解釈で間違いないと思う。軽快なロックンロールにのせて、あっけらかんと歌うビビッドな歌。

 その浮遊するような心地よさが、官能的な時間を爽やかに映し出していく。ここで描かれる女の子の鮮やかな肉体性がまぶしい。マサムネは自身の歌声の強みをよく知っていると思う。こうした歌詞は、アクの強い湿度高めのボーカリストが歌うとトゥーマッチだが、フェティッシュとも言える女性への執着もマサムネの歌声なら、どこか純粋なものとして響くのが良い。

 こうして原稿を書いていても「セックス」と文字を打つことになんら抵抗がない感じ。でも、歌詞の文字だけ追ってるとなかなかエグいことを歌っていることに気づくはず。


🌟【10リスト】“優しいあの子”だけじゃない。スピッツが女の子を魅力的に描いた10曲



【音楽の時間】 スピッツ:ラズベリー



 割と爽やか系のロックスタイルです。

 でもよく歌詞を聴くとエッチな歌詞なんです。

 そしてコピー機の上で踊りまくるPV、「
名曲の歌詞を理解しよう 実はエロかった歌詞

(ライターFT)

⑤ラズベリー/5thアルバム『空の飛び方』(1994年)収録 

 これは「セックス」を歌った曲という解釈で間違いないと思う。軽快なロックンロールにのせて、あっけらかんと歌うビビッドな歌。

 その浮遊するような心地よさが、官能的な時間を爽やかに映し出していく。ここで描かれる女の子の鮮やかな肉体性がまぶしい。マサムネは自身の歌声の強みをよく知っていると思う。こうした歌詞は、アクの強い湿度高めのボーカリストが歌うとトゥーマッチだが、フェティッシュとも言える女性への執着もマサムネの歌声なら、どこか純粋なものとして響くのが良い。

 こうして原稿を書いていても「セックス」と文字を打つことになんら抵抗がない感じ。でも、歌詞の文字だけ追ってるとなかなかエグいことを歌っていることに気づくはず。


🌟【10リスト】“優しいあの子”だけじゃない。スピッツが女の子を魅力的に描いた10曲



【音楽の時間】 スピッツ:ラズベリー


 Michael Gray – The Weekend (Official Video)のPVもかなりエロいです。



 「The Weekend」というタイトルだけあり歌詞の内容も結構過激です。

 「私はできること、
(私、私、私、私は試してみる。私の計画を震わせている。(私、私、私、私、私)私はすべての私の魂と私の痛みを救っている。私は土曜日にコントロールを失う。私はそれをすべて吹き飛ばすつもり。(吹く、吹く、吹く、吹く」


 週末が待ち遠しい女性の気持ちですが、かなりストレスが溜まっているのでしょう。

 最後の方の歌詞で「Weekend」まで待てないなんて歌詞が映像と共に妄想の世界に連れて行ってくれますね。
タイトルとURLをコピーしました