寒い冬の到来 血の巡りを意識し、健康な身体を保つ


寒い冬の到来 血の巡りを意識し、健康な身体を保つ

(ライターFT)

そもそも「血行」とは何を指すの? 

 全身を巡る血液は、酸素や栄養を体の末端の細胞まで運び、さらに老廃物や二酸化炭素を排出するために運び出す役割を果たしています。

 「血行」とは、体に血が巡ることを指します。血行と似た言葉に「血流」がありますが、血行が体全体の血の巡りを指すのに対して、血流は血液が血管を流れることをいいます。血行が滞るとどうなるかというと、酸素や栄養が全身に行き届かない上、老廃物も蓄積されてしまいます。

 その結果、肩こりやむくみ、冷え、生理不順、自律神経の乱れといった、さまざまな体の不調が引き起こされるのです。

 血行不良がさらに進行すると、重い疾患に発展してしまうリスクも。そのため、全身の血の巡りが良くなるよう、早めの対策をとることが大切なのです。

 血行不良の自覚症状

 血行不良のサインとして、顔や体調に表れる症状を知ることも大切です。

 顔に出る症状

●脱毛が多く、頭髪が薄くなった
●吹き出物が出やすい
●赤ら顔
●顔にシミができる
●舌の色が赤黒い
●歯茎の色が赤黒い
●鼻の頭が赤い(毛細血管が目立つ)
●耳鳴りが頻繁に起きる
●目の下にクマがある
●目が充血気味で、視界がかすむ

 体調に出る症状

●肩がこりやすい
●皮膚がどす黒く、皮膚をつかむと赤い色がなかなか引かない
●傷が治りにくい
●便秘しがち
●痔が悪化しやすい
●生理痛や生理不順がひどい
●心臓あたりが痛む、不整脈が起きる
●腰痛がある
●下半身が冷える
●手足がしびれたり、震えたりする
●手のひらが赤い
●寒いと皮膚の色が悪くなる
●ぶつけるとアザになりやすい、身に覚えのないアザがある

🌟血行不良が招く体の不調とは?顔や体調に出るサインを知ろう



「いいね」vol.41 血のめぐり、いいひとになる!

 漢方では基本的に血液の巡りを良くすることで身体を整えます。

 寒いと肩こりになりやすかったり、様々な症状が現れてきます。

 「瘀血(おけつ)」


おけつぱんつーヽ( ´∀`)ノ

 この悪血ではありません。

 瘀血をわかりやすく知るには舌の裏を見るとわかりやすい。


瘀血が改善されました。

 瘀血とは、血の流れが悪くなったり、血が一か所に滞っている状態をいいます。言い換えると、「停滞している血」をすべて瘀血といいます。

 原因は血管の損傷だったり血行の悪さです。

 瘀血になる原因は日頃の生活習慣といえます。

 血の巡りは悪くなると身体に栄養素が回らなくなります。

 巡りが悪いことから、皮膚のトラブル(しみ、くま、ニキビ、肌あれなど)が始まります。次に肩こりや頭痛が起こります。

 こうした場合、すぐに改善出来るのがストレッチです。

 そして食生活を見直すことで瘀血はすぐに改善していきます。



 応急処置としてツボを押し、血液の流れをよくし、ストレッチと軽めの運動で解消してみましょう。驚くほど体調が良くなります。
タイトルとURLをコピーしました