大阪府河内長野市は鬼で町おこし、めっちゃいいところ


大阪府河内長野市は鬼で町おこし、めっちゃいいところ

(ライターFT)

[金剛]鬼ガール監督は河内長野出身 市民がエキストラ、観光協会など応援 

 河内長野を舞台にした映画「鬼ガール‼」の監督・瀧川元気さんは、大阪狭山生まれ、河内長野育ち。多数の河内長野市民がエキストラとして出演。同市商工会・商店連合会・観光協会・青年会議所らの人々が、「奥河内ムービープロジェクト」を結成し、ロケの際の炊き出し・荷物の運搬等を担うなど、まさに“オール河内長野”で作り上げた作品だ。

 ロケは河内長野のほか、富田林・千早赤阪で実施。河内長野市では、天野山金剛寺や鬼住橋など、市内14か所の撮影スポットを紹介した「ロケ地マップ」を発行。同マップは、河内長野市役所や河内長野観光案内所・道の駅くろまろの郷で手に入れられるが、大好評で「すでに品薄状態」(河内長野市広報)とのこと。

 企画段階から、丸3年にわたり、制作に協力してきた観光協会会長の上野修二さん(76歳)は、「これまで本当に大変だったが、終わってみれば良い思い出。これを機に、河内長野の良さを全国に知ってもらえれば」と感慨深く語った。また、映画の見所の一つとして、満開の桜の下、撮影したシーンをあげ、「河内長野にこんなにも美しい桜があったのかと、感動した」と、話した。

🌟[金剛]鬼ガール監督は河内長野出身 市民がエキストラ、観光協会など応援



[金剛]鬼ガール監督は河内長野出身 市民がエキストラ、観光協会など応援



 大阪都和歌山の県境に位置する河内長野市、自然が多く紅葉もとても美しい場所です。歴史もあり、滝畑四十八滝や岩湧山などの大自然、観心寺や金剛寺、高野街道などの歴史的価値のある史跡や建造物が残る大阪府屈指の名所です。

 鎌倉時代に『小西見郷(をにしみ)』との記録があり、古からこの地域には鬼が住んでいて9人の勇敢な村人が退治したという伝説があり、昔は弓を射って鬼退治をする行事が正月に行われていたとか。

 河内長野市で生まれ育った映画監督が、河内長野市の鬼伝説をモチーフに「鬼ガール!!」という映画を撮影、しかも河内長野市を上げての応援、映画も中々面白いようです。

 鬼伝説が残る大阪河内長野市を舞台に、「鬼」であることにコンプレックスを持つ女子高校生を主人公にした青春映画で2020年の10月に公開され、ロングラン上映しています。



 河内長野市の魅力満載の映画です。

 さて、河内長野市ですが自然が多く秘境スポットも数多くあります。



 しかしコンビニが少なかったり少し寂しいコメントもあります。

 人口は男性:48,934人、女性:54,857人、総数:103,791人、47,515世帯となります。市内の年間犯罪発生率(人口10万人あたりの全刑法犯認知件数)についても、 2000年代の中盤以降は、大阪府内の33市の中で最も低い水準を維持。

 治安も良い大きな家が立ち並ぶ田舎街です。


河内長野市(カワチナガノシ 大阪府)の人口と世帯

 人口減の街になりますが、自然豊かで土地もかなり安いと思われます。

 治安も良く、街の整備もこれからとは思いますが家を建てるなら買いかもしれないですね。

 河内長野市の魅力は続きます。
タイトルとURLをコピーしました