未来の技術が世界を変える どう変わる? 反重力が実現すると


未来の技術が世界を変える どう変わる? 反重力が実現すると

(ライターFT)

反重力 

 一般相対性理論では重力は時空の幾何学的な歪みとして解釈される。歪みのない平坦な時空は重力が存在しない時空であり、そこを基準とすると重力は時空の収縮を示す。しかし、数学的には時空が膨張するような解を想定することも可能であり、物理学的にはそれを反重力(負の圧力)とみなすことが出来る。十分遠方から反重力場を観測すると重力場の時とは逆に、平坦な宇宙よりも空間が膨張し時間が加速しているように見える。align='right'

 このような作用を生み出すエネルギーは負のエネルギー(直感的には負の質量と思ってよい)であり、有名なものとしてはワームホールの話題において登場するエキゾチック物質がある。そのようなSFに近いものではなく多少現実味のある例としては、宇宙の膨張に関わる宇宙定数や真空のエネルギー(ダークエネルギー)が挙げられる。

 いずれにせよこれらが示唆する「斥力として作用する重力場」は上手にとれば通常の重力場が作る時空の歪みをキャンセルすることが可能であり、事実上の反重力(厳密には「万有斥力」)として作用する。これが現代物理学がおぼろげに描く「反重力」である。

 また、現在も証拠の真贋を含めて議論が続いている現象として、ハチソン効果がある。

 一方、SF作品に登場する反重力の設定は上記のみならず非常に多くの形態がある。最も有名なタイプは磁力の反発からイメージされたもので、「反重力場」は単純に重力場に反発する場として設定される。

🌟出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



昆虫の殻を利用した反重力装置で、空中飛行に成功…地球の引力を離脱、不可視の円筒形空間

align='right'

 ハチソン効果やロシアの天才昆虫学者ヴィクトル・S・グレベニコフ教授の昆虫の殻を利用した反重力装置、その他にも反重力装置はわれわれ一般人にもその存在が分かりだしている。

 もし反重力装置が開発されたら、モノの移動が非常に楽になり効率的になるだろう。

 重量制限をしなくても良いのだ。重量が消えると、過積載なども関係ないのです。

 そういった貨物船や自動車が存在するとスピードも関係なくなる。重力を考えなくても良いのだ。重さもスピードも関係なくなるのだ。



 なかなか面白い動画です。
タイトルとURLをコピーしました