株主優待券はどうやって買うのか?桐谷さんに学べ!NISA口座の開設方法


株主優待券はどうやって買うのか?桐谷さんに学べ!NISA口座の開設方法

(ライターFT)

NISAとは? 

 NISAとは:通常の投資では、株式・投資信託の配当金(分配金)や値上がり益に対しては、20.315%の税金がかかりますが、NISA口座で運用した利益には税金がかかりません。

 つまり、NISA口座で運用すると、投資で得た利益がまるまる手に入ります!

align='right'

 NISAには「つみたてNISA」と「一般NISA」があります。
 投資方法や対象商品、利用できる期間等が異なるので、各自の投資スタイルにあわせて、自分に合う口座を選びましょう(どちらか1つしか選択できません)。
 
align='right'
 






🌟楽天証券NISAガイド


 口座開設手数料は楽天証券の場合0円です。

 楽天証券だけではなく窓口でもネットバンクでも口座開設はできます。

 マイナンバーが必要になりますので、ご自身のマイナンバーを揃えておきましょう。銀行によっても違いますので、ネットバンクなら署名、捺印本人確認資料はカメラでご自身を撮影してもOKという銀行もあります。

 基本は以下の本人確認資料が最低限必要になります。



 免許証も有効で、裏表のコピーが必要になります。

 住民票の写しも本人確認として有効になります。

 基本的にはマイナンバーの通知カードの場合、本人確認資料が必要になります。



 マイナンバー通知カードと免許証があればOKde,顔写真がない場合も保険証と住民票などの2点をマイナンバー通知カードと提出すればOKです。