海外ドラマレヴュー 『シェイムレス 俺たちに恥はない』


海外ドラマレヴュー 『シェイムレス 俺たちに恥はない』

(ライターFT)

シェイムレス 俺たちに恥はない 

 『シェイムレス 俺たちに恥はない』(シェイムレス おれたちにはじはない、Shameless)は、アメリカ合衆国のShowtimeで2011年から放送されているテレビドラマ。

 イギリスのチャンネル4で2004年から2013年まで全11シーズン放送されていたテレビドラマ『恥はかき捨て』(原題:Shameless)のリメイク作品である。2020年現在、シーズン10まで放送されている。日本語版はWOWOWから放送され、Netflixでも配信されている。

 飲んだくれの父親・フランクとその6人の子、そしてその周辺を描いたコメディドラマ。 この番組はアルコール依存症のフランクが家族を巻き込む様子を通じて、今日のアメリカの労働者階級の様子を描いている。

  この番組の制作者であるポール・アボットはこの番組は『マイ・ネーム・イズ・アール』といったテレビドラマとは異なり、単なる肉体労働者ものではなく貧困をより深く掘り下げて描いていると話している。

 
🌟出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




 そう、子供とみるには少し気まずいドラマだ。


🌟シェイムレス 俺たちに恥はない シーズン1

 このドラマ、シーズン11で終了が発表されている人気ドラマだ。自分がシーズン11まで見ることができるかどうか自信はないけど、シーズン1の1話をみた限りではかなり面白い。

 主人公は飲んだくれの父親ではなくフィオナという長女だったり、その回によって違うのだろう。7人家族とその隣人が織りなす人間ドラマは強烈。アメリカの労働者階級のリアルがよく描かれている。

 特にフィオナに感情移入してしまう。



 スタイルが良くて感情移入してしまう。

 フィオナ役のエミー・ロッサムがとてもいい。

 一瞬でファンになってしまった。

 テレビ映画『オードリー・ヘプバーン物語』では少女時代のオードリー・ヘプバーンを演じたり、演技派の若手女優。シーズン1のエピソード1では惜しげもない濡場を披露してくれる。

 弟がゲイだったりと家庭環境は複雑で、イケメンに見初められたと思ったら自動車泥棒のクソ野郎だったり、なぜか男性器丸見えだったり、いいのかこれってな感じの海外ドラマ。

 なんせまだ1話しか観ていないので、今後またレビューしていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました