知っているようで実はあまり知らないマリリン・モンロー


知っているようで実はあまり知らないマリリン・モンロー

(ライターFT)

マリリン・モンロー 

 マリリン・モンロー(Marilyn Monroe、1926年6月1日 – 1962年8月5日)は、アメリカ合衆国の女優、モデルである。

 典型的な「ブロンド・ボムシェル(英語版)」(”Blonde bombshell”, 「金髪美女」)」役を演じたことで有名な彼女は、1950年代で最も人気のあるセックスシンボルの1人であり、セクシャリティに対する時代の態度を象徴していた。align='right'

 彼女は1962年に予期せぬ死(英語版)を迎えるまで、わずか10年ほどの花形役者(英語版)だったが、彼女の映画は2億ドルの収入を得た。彼女は引き続き大衆文化のアイコンとみなされている。

 モンローは、彼女の性的魅力に焦点を当てたノワール『ナイアガラ』と、コメディ『紳士は金髪がお好き』、『百万長者と結婚する方法』の3つの映画で主役を演じ、「頭の悪い金髪女性(英語版)」(”Dumb blonde”)というスターイメージを確立。ハリウッドの最も有名なスターの1人となった。

🌟出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




 マリリン・モンローはもはやデザインになってしまった。

 ずいぶん若い頃にテレビの再放送で彼女の映画を見たことがあるが、内容は完全に忘れている。それでも彼女がcuteでテレビから目が離せなくなる程、可愛らしいと思ったのも事実。



 ちょっと吹き替えが峰不二子っぽいけど、マリリンの魅力が垣間見える動画です。

 マリリン・モンローとオードリー・ヘップバーンはもはやデザインです。

 とにかく時代を超えたスターということは間違いない。

 スターになる前にヌード写真を撮っていたことが判明したが、彼女の経歴にダメージを与えることはなく、むしろ彼女の映画に対する関心が高まった。

 Wikipediaにはこのように記載されており、ヌード写真もネット上にたくさん出ている。

 死因についても様々な憶測を呼び、マリリンの神格化とも言えるミステリアスな死が未だに話題にされることがしばしば。

 IQは168あったとか、CIAに殺害されたとか、噂も絶えない。

 美しさで言えば、マリリンを超える美しさは、すでにマリリンを超えていると思うけど、マリリンの美しさは普遍的だ。



 美しさとセクシーの代名詞となったマリリン。

 時代を超え、マリリンが愛されているのは彼女の生い立ちや、華やかな生活の中に会見える暗い影なのかもしれない。



 マリリン・モンローのポスターが貼ってあったら、無意識に見ているのはなぜ?

タイトルとURLをコピーしました