【大正浪漫】

関西方面から北陸地方に来る時に、鉛色の空に変わると言われることがあります。
鉛色の空の下、福井から私、サカヤンがお送りします。
鉛色通信、略して「鉛通(ナマツウ!)」

ここ最近おふざけが過ぎるようなので
今回は真面目に銀行に潜入してみました

=================================


るぱんざさ~~




ククク、今日、忍び込むのここ



おじゃましま~す



ものすごい天井が迎えてくれる

ここには金目の物があるに違いない。ウヒヒヒヒ



お!


おお!




きょ!巨大金庫!!



っと実はここは福井県は三国町にある登録有形文化財
「旧森田銀行本店」
という所です。

三国町は港町で、海に面しており現在では漁業や農業、または観光に
力をいれている土地です

防波堤に面した道路から少し入ると


で、電気屋さんまでこんな感じに!!
こういった古い町並みが広がります

見所沢山の観光地なのですが、今回は旧森田銀行をご紹介

この銀行の建物、実は福井県最古の鉄筋コンクリート造の建物
で、湊の発展を支えていた北前舟の廻船業を生業としていた
豪商の森田三郎右衛門が明治27年に創業し、大正9年にここの
建物が本店となったそうです。



さて中に入ってみましょう



う~~ん、すごく綺麗!壁は漆喰!


この建物実は坂井市が買い取り、ウン億円をかけて復元工事を
施したようだ、すげ~~
しかもここの入館料は無料だ!



中ではデザイン関係の展示物がおいてある
どうも市民の方は無料で催しものができるようだ
実に良い使い方をしていると思う

っと横を向くと


どど~~~ん!!

ひっですげ~~大理石の柱やげ~~~!!

っと感心してみていると、職員の方が実はそれは大理石じゃないんですよっとのこと

まじかいや~~!!左官仕事とは!見事なマーブル仕上げ!!

建築はやはりアートだと実感した瞬間
おいら的には仏閣などの彫刻等が好きだが、西洋文化を取り入れた
大正時代の建物も悪くない


重役室に入るとまたまた面白いものが、なんと棚の把手に七宝
中の布地もハイカラだ、この布は当時のままらしい

遊び心いっぱい、金かかってるなぁ



っと後ろをみると




大理石じゃねぇえんけやおえ~~!!



気をとりなおして外にでると



大理石じゃねぇえんけやおえ~~!!



いや違う違う、すばらしい彫刻






彫刻を後に2階に上ろうとすると





大理石じゃねぇんけやおえ~~!!

もうかなり大理石風の柱にやられてしまっている

二階には会議室がありそこ壁もすごかった


会議室、葉巻なぞ咥えてみたいものだ


壁を見ると



実はこれ、ペイントとではなく木のハメコミで模様を作っているのだ!!
すごい!!なんと精密な!


もうここで俺はかなり打ちのめされている



天井まで吹き抜け、なんと贅沢なつくりなんだろう




下を覗くと





大理石じゃねぇえんけやおえ~~!!


この近辺には他にも色々魅力的な建物があります
その内またご紹介いたしますね


ん?

んん??



あ!


福井弁ほとんどでてないげ~~~~!!

なんやっちゃおえ~~~~~~~~~~!!
タイトルとURLをコピーしました