チュロPのプラモ製作【ボール編】再放送

 
【ミッキーマウスをつくる】を楽しみにしてくださっている
読者の皆様には申し訳ないです。










–読者からのメール———————————-
はじめまして(^^)

チュロスさんの【ミッキーマウスをつくる】を楽しく拝見させていただいています!

「ミッキー」で検索をしていてこちらHPにたどり着いたのですが、チュロスさんの造形のすごさに驚いておもわずオナラがでてしまい、その臭さに、ビックリしてしまいました!

でも最近、【ミッキーマウスをつくる】シリーズがないのですがどうされたのですか?

これからも楽しみにしていますのでぜひミッキーマウスを完成させてください!
———————————————————————————-

という、ファンレターを自分に送信してみました!ズコー!


                                            (ライター:チュロス)



そんな感じで、今週は「チュロスのプラモ製作【ボール編】」
TAMSONのプラモ製作をパクッてみました。

 

ガンダムのプラモデル、マスターグレードシリーズ1/100スケール!
【RB-79Kボール】かっちょいい!

マスターグレードシリーズは組み立て簡単!接着剤も必要ありません!
さらに塗装の必要もほとんどありません!
ニッパー一つで誰でも簡単に組み立てられるのです。

 
早速、部品をはずして組み立て。
組み立てマニュアルのたった1.5ページでココまで出来るのだ!
しかも、めちゃんこリアル。(めちゃんこ?)

  

メカ部分は最後にボディーパーツで隠れてしまうのに。すごい

  

キャノン砲もパーツをパチパチッとあわせるだけ!

 
 塗装前

ボディーの色が仕上がりとあまりにも違うので、そこはこだわって明るい黄色に塗装。

 

10年くらい前にかったボンベ式のエアブラシ。
しかも、使うの初めて!


  
  1回目                   2回目

やっぱりエアブラシはキレイに塗装できるなぁ~。
しかし、ボンベ式はスグにエアーがなくなるので使いにくいです。

コンプレッサーのエアブラシが欲しい!と思いました。

  

手の部分は似たパーツがあるので向きを間違えないように注意。
でもあっという間に手も完成!

  

塗装を終えたボーディーパーツをパチパチッと取り付けて


  

 完成!

かっちょいい!
「こんなん塗れるか!アホ!」って言うくらい小さいパイロットも付いてます。

組み立て説明書にはボールについての詳しい性能や
ストーリでの設定が書かれてあってさらに萌!?

 

しかし、このカラーリングで戦闘したら目立ち過ぎやな…




つづかない
タイトルとURLをコピーしました