太陽光発電ではなく太陽熱発電がいいらしい 関連株を買い占めておけ!


太陽光発電ではなく太陽熱発電がいいらしい 関連株を買い占めておけ!

(ライターFT)

太陽熱発電とは? 

align='right'
 太陽エネルギーというと太陽光のイメージがありますが、光エネルギーを熱に変換させた太陽熱エネルギーも存在します。

 太陽熱発電とは、どのような特徴を持った発電システムなのでしょうか。

 
太陽の熱を利用した発電システム


 太陽熱発電は文字通り、太陽の熱を利用して発電する方法です。その熱エネルギーを利用して発電するのが、太陽熱発電です。太陽熱で蒸気を発生させ、タービンを回して電気を創ります。この発電方式は火力発電のタービン式と同じですが、太陽の熱で蒸気を出すため特別な燃料は必要ありません。

 
太陽熱発電の特徴


 コストパフォーマンスが良い

 太陽熱発電の大きな利点は、コストパフォーマンスです。太陽光発電の場合は、高性能な太陽光パネルを使用するため導入コストが高くなる上、実用化されている太陽光パネルのエネルギー効率は20%程度といわれています。

 一方、太陽熱発電は導入コストが安いだけでなく、エネルギー効率は海外の平均的なレベルで約50%と費用対効果の良い発電方法です。

 広い土地での大規模発電向き
align='left'
 太陽熱発電には、大量の熱エネルギーを集める必要があります。鏡やレンズなどを用いた集熱装置で熱エネルギーを集めるため、それらを設置するのには広い土地が不可欠です。

 集熱装置を複数設置することで大きな発電量を得ることができ、広い土地を有する欧米では、数万kW~数十万kWレベルの発電所が計画されています。

 蓄熱で夜間や雨天でも発電

 太陽エネルギーを利用した発電のため、基本的に夜間や雨天などは電力を得ることができません。しかし、太陽光発電の蓄電池と同じように、太陽熱発電も蓄熱装置を設置することで、日中に蓄えた熱エネルギーを夜間や雨天時などの発電に利用することができます。

 ボイラーと接続して熱を保つハイブリッド式もありますが、それでは燃料を使った火力発電と変わらないため、蓄熱技術の向上が求められており、現在は蓄熱材として溶融塩やコンクリートを使用した蓄熱システムが実用化されています。

🌟太陽熱発電とは?




太陽熱発電(たいようねつはつでん)とは、太陽光を太陽炉で集光して、汽力発電やスターリングエンジンの熱源として利用する発電方法になる。

 これを応用した発電方式となるのだけど、太陽“光”発電では、太陽光を直接電力に変換する必要があるため、夜間などの人々が電気を多く使うときに安定した電気供給ができないというデメリットがあった。

 しかし、太陽“熱”発電は太陽光を熱に変換して蓄えておくことができるため、昼夜をとおして安定した電気供給が可能となり、集光には反射鏡やレンズを使うので、ソーラーパネルを使う太陽光発電と比べて低コストで発電での発電が可能となった。

 太陽熱発電の基本的な構造は、太陽光を集める集約部分とタービンを回転させ電力を得る発電部分、熱を貯める蓄熱部分に大別されており、タービンを回転させる日本独自の技術で現在、注目されている発電方法となる。

 今までは日射量に左右されてきた太陽光発電と太陽熱発電だが、特に太陽熱は日射量の影響を受けやすいと考えられていた。

 2010年頃から世界各国で研究が進められ、特にタービン回転の技術は日本が群を抜いている。



 この動画は2016年に作られた三菱日立の共同開発された太陽熱発電所にる。

 蓄熱の方法もかなり進歩し、タービンの技術についてはさらに進歩しているそうで、期待できそうな安定した発電システムですね。

 もちろんデメリットも多く、日本は梅雨などの浮きもあり、かなり難しかったと言われています。

 まずは株価を考えると、太陽熱発電は買いでは無いか?

 そして太陽熱発電で欠かせないタービン製作を行っている会社も買いでは無いでしょうか?

 太陽光発も頭打ち、これからの技術革新を考えると太陽熱が注目されていく予感がしています。
タイトルとURLをコピーしました