世界で一番進んでいる国 カナダ(7位)


世界で一番進んでいる国 カナダ(7位)

(ライターFT)

カナダ社会の特徴 

 カナダは「多文化主義政策」のもと、様々な人種が平等に社会参加できる国を目指している移民大国です。中国系やフィリピン系の移民も多く、マイノリティーにも優しい国なので日本人でも安心して暮らすことができます。

 またカナダは大変リベラルで、LGBT運動に関しても先進的で、個人の選択や意思を尊重することを大切にした社会といえます。

 例えば2005年に同性婚が認められ、2016年には医師による安楽死が認められ、2017年にはパスポートなど公的証明書に男女の性別とは別に3つ目のオプションXが追加されました。

 男女平等意識も強く、基本共働きで男性も家事をしたり育児休暇をとって子育てに積極的に参加することが普通です。

🌟カナダと日本の文化の違い!特徴から注意点まで、渡航前に知っておきたい情報まとめ




 スキー・スノーボーダーなら一度は行ってみたい国です。

 カナダを調べてみると移民が多く公用語は英語とフランス語が混在しており、州により異なるそうです。

 国民性は大らかで温厚な人が多く、相手を尊重し、自己主張もそれほど強くないらしい。それでも自分の意見はしっかりと伝えられる人が多いそうです。

 留学にとても人気がある国です。

 移民を積極的に受け入れている政策で、グローバル国家といえます。

 もし長期スティする場合や移住を考えているならカナダの税金も知っておきましょう。

 カナダでは州によって消費税の徴収方法が異なるそうです。

 基本的には2種類別々の税金を区分して納めます。

 種類だけで言うと3種類のタイプと言えることができます。



 Goods and Services Tax
 カナダ政府により徴収される税金となっています。カナダ政府により徴収されるため、カナダ全国一律5%で課されています。その為、必ず徴収されるベースとなる消費税になります。

 Provincial Sales Tax
 主にバンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州・サスカチュワン州・マニトバ州・モントリオールのあるケベック州で税率が定められています。日本の消費税で言う地方消費税分に当たります。

 Harmonized Sales Tax
 国税分と州税分を合わせて一つの税率として適応されます。HSTを適応しているのは、トロントがあるオンタリオ州・ノバスコシア州・プリンスエドワード島などカナダの東側を中心にHSTが適応されています。オンタリオ州では13%ですが、ノバスコシア州やプリンスエドワード島では15%かかります。日本は10%ですので、それに比べると高いですよね。

 但し医療費や生活必需品にはかからないということです。

 カナダは評判の良い国で7位、日本は8位になりますので一度は行ってみたい国ですね。

 ベストカントリーランキングではなんと2位、多文化主義の国で、都会も自然も全部満喫できる国だと言われています。

 Quality of Life (生活の質)
 
 住環境コストは高いようです。失業率も低く2017年の1年間という限られた時間の中で、雇用率を2.3%も上げることに成功している。安全性も日本とあまり変わらないとか。

 教育にも力を注いでおり、国全体として教育に力を入れている。特に大学の学費はアメリカより安いらしい。アメリカが高過ぎるとは思いますが・・・

 社会保障も充実している。医療機関に支払う医療費は大人も子供も無料、もちろん無料にはそれだけのハードルがあるはずですが、税金や診察の基準なども日本とは異なるはずです。



 京都出身の方がカナダと日本の違いをリアルに語ってくれています。
タイトルとURLをコピーしました