大人向けの名作漫画を読む 課長 島耕作


大人向けの名作漫画を読む 課長 島耕作

(ライターFT)

課長 島耕作 

 『課長島耕作』(かちょうしまこうさく)は、弘兼憲史による日本の漫画。『モーニング』(講談社)にて、1983年から1992年まで掲載され、2018年3月1日から2018年8月22日までコミックDAYSにて毎日再掲。

 シリーズ作品に『部長――』『取締役――』『常務――』『専務――』『社長――』『会長――』『相談役――』『ヤング――』『係長――』『学生――』(『ヤング』『係長』『学生』の掲載誌は『イブニング』)があり、これらも全て本項で取り上げる。島耕作シリーズのコミックス累計発行部数は約4,000万部に達する。

 1982年当初のタイトルは『カラーに口紅』であったが、創刊時の編集長の栗原良幸によって『係長島耕作』に変更させられ、それが今日まで続く翌年からの『課長島耕作』シリーズの長期連載につながった。

🌟出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




 モデルになった会社はPanasonic。Panasonic=初芝電器産業隣となる。

 一流企業に勤める主人公、島耕作は現在は相談役になっている。

 当時のサラリーマンたちの思考はそうだったか、若い人には昔の悪しき習慣がよく分かり、こうした人達が出世し、日本の経済を動かしてきている事がよくわかる作品で、少しエッチでサラリーマンの悲哀を上手く表現できている名作です。

面接で「好きな男性のタイプ」を聞いたあげく、完全私情で不採用判定 

 
 そもそも漫画の登場人物なわけだし、「この人こういう人だから」と読むこともできる。しかし最近、この島が改めてクズであるという指摘がネット上で出ている。

 物議を醸しているのは、島がテレビ局関係者と身分を偽り、デートスナックで若い女性を買って抱く、という単行本1巻に入っている初期のエピソードだ。しかも島は、一緒にホテルに入っておきながら、風俗嬢相手に「やめちまえこんな商売(中略)あたりまえの会社にはいってあたりまえのことをしろ!」と説教。ダサいことこの上ない。

そして翌日、会社の採用面接を引き受けた島の前に現れたのは、なんとその時の相手。そこで動揺した島は、面接で好きな男性のタイプを聞くというセクハラをかましたあげく、「別に彼女がデートスナックで働いていたことがひっかかったわけではないが……(中略)我社で働いてもらうには俺にとって不都合」

 と不採用判定してしまう。

 このシーンが3月下旬、ツイッターで改めて話題になり、「志望者が前夜に2万円で買ってセックスした売春婦だと気付き、1983年の常識ですらドン引きのセクハラ面接の上、100%私情で不採用判定。クズ社員最高潮」という投稿が寄せられた。このツイートに対し、「マジ最悪」や「島耕作最低」といった声も寄せられ、30年越しのプチ炎上となったのだ。

🌟「課長島耕作」がいま改めてクズすぎると話題 「セクハラ面接」が30年の時を経てプチ炎上!


 それでも理想の上司1位の座を揺るがさない。

 この時代はこうしたことが普通にまかり通る時代だったのかも知れない。



 とにかく不倫三昧で、現代であれば絶対に許されない行為を平気で行っている。不倫に対して罪悪感などは微塵もない。

 ただ、それより最悪な登場人物が非常に多く、島に感情移入してしまうのも事実である。

 時代の資料になり得る名作マンガである事は間違いない。

 今思えば、人はなぜ不倫するのか?島耕作を読んでいると人間の欲望があまりにも自然に描かれていて読者も不倫に対して免疫がついていくようだ。



 若い世代には受け入れられないかも知れないが、当時、若かったサラリーマンにはバイブル的なマンガだった事が物語るように、誰もが心の中で”いい女とSEXしたい”という作者が感じた当時の男尊女卑や世間の考え方、現実世界の社会背景とリンクしており、描き方がリアルで本能に忠実だ。

 大人の恋をスタイリッシュに描いているが、時代が変わればクズ呼ばわりされてしまうこのマンガ、読んでみるととても面白い名作である事は間違いない。
タイトルとURLをコピーしました