大人向けの名作漫画を読む 新宿スワン 全巻揃えたい名作


大人向けの名作漫画を読む 新宿スワン 全巻揃えたい名作

(ライターFT)

新宿スワン 


 『新宿スワン~歌舞伎町スカウトサバイバル~』(しんじゅくスワン~かぶきちょうスカウトサバイバル~)は、和久井健による日本の漫画作品。講談社刊『週刊ヤングマガジン』にて、2005年20号から2013年45号まで連載された。テレビ朝日系列で2007年8月18日からドラマ化もされた。2015年には実写映画版が公開された。

 作者の和久井は、かつて実在した日本一のスカウト会社の元スカウトマン。『新宿スワン』は実在したスカウト会社を舞台とした作者本人が体験した出来事にフィクションを交えて描かれている。

🌟出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




 新宿スワンですが、全38巻で完結になっています。

 これ読みだすと止まらなくなるのですが、ドロドロしていてかなり面白い。主人公の「白鳥龍彦(しらとり たつひこ)」が一本木でストレートな性格をしていて、ドロドロとした内容に一筋の光を魅せてくれている。

新宿スワン Wikipedia 


 2000年代初頭の東京都新宿区歌舞伎町を主な舞台とし、スカウトマンを主人公に、その成長と歌舞伎町裏社会を描いた作品。

 主人公の白鳥龍彦(タツヒコ)が歌舞伎町を拠点とするスカウト会社「バースト」に入社したところから話がスタートし、「バースト」が渋谷に進出する「渋谷AV編」。闇金融を営む同僚との抗争を描く「闇金編」。「バースト」の横浜進出を描く「横浜王国編」。

そして、とある事情で借金を背負ったタツヒコが、スカウトマンからホストに転身し歌舞伎町のホストクラブで働く「ホストバブル編」。スカウトに戻ったタツヒコが、バーストのライバル会社の「ミネルバ」に潜入する「ミネルバ潜入編」。タツヒコがスカウト会社「バーストネオ」を立ち上げる「すすきの監獄編」。

 「ミネルバ」の創立メンバーが出会う過去話を描いた「歌舞伎町レクイエム編」を経て、タツヒコが森長千里と馬頭冬偉と共に新宿に戻った後を描く「バースト奪還編」へ進み、辰巳幸四郎の死の真相を描いた「歌舞伎町レクイエム編パート2(復讐の連鎖編)」を経て、ヤクザ柚木組の跡目抗争が絡む物語の黒幕的な紋舞会の天野と真虎との決着を描いた最終章「歌舞伎町ピカレスク編」で終了した。

🌟出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


 最後の方については「歌舞伎町レクイエム編パート2(復讐の連鎖編)」と、「歌舞伎町ピカレスク編」については主人公であるタツヒコは影を潜め、真虎が主人公になっているようにも思えるが、ヤクザ組織の対立を描き、さらに内容はドロドロと暗い。



 でもそのドロドロさがかなり面白く、読んでいて感情移入してしまう。

 映画版は原作が始まった頃を描いている「南ヒデヨシ編」と横浜進出を描く「横浜王国編」となっている。

 両方とも、かなり原作に寄せていて面白く、特に「横浜王国編」での関玄介(せき げんすけ)はハマり役だった。




 このマンガ、けっこう泣けるんです。

 出てくるキャラの多くにストーリーがあり、オンナ、カネ、権力、裏切り、成り上がり、ヤクザなど新宿というごった煮のような2000年代初めの頃を上手く描いた名作です。

 新宿スワン原作の評価を読んでいると、女性の読者も結構投稿しており女性にも人気があるのには少し驚きました。

 Yahooオークションで全巻揃えようかと思っています。
タイトルとURLをコピーしました