間取り大好き!自宅をリフォーム、アイデア満載のDIYから建築まで 家具を選ぶ


間取り大好き!自宅をリフォーム、アイデア満載のDIYから建築まで 家具を選ぶ

(ライターFT)

Step 1 事前に部屋のイメージをふくらませよう 

 必ずやるべきなのが、採寸です。ご自宅の間取り図を広げ、部屋や家具など、細かく採寸してください。インテリアコーディネートの基本中の基本となる作業ですね。横・縦・奥行を測っておくのはもちろんですが、意外と忘れがちなのが「高さ」です。部屋作りで高さは大事なんですよ。

 例えば、出窓のそばに家具を置きたいと思ったとき、床からサッシまでの高さを測っていないと、家具が出窓やカーテンに被ってしまったりして、使いづらいし見た目も良くないですよね。

 あとは、ダイニングテーブルとチェアの高さも大事です。テーブルとイスの間が30cm開いているのが、座って食事をした時に違和感の無い基本の高さになります。セットで買うなら問題ないですが、もしどちらかだけを購入するのなら、必ず今あるものを測っておきましょう!

🌟部屋作りと買物のコツ、1万点以上の家具を目利きするプロに聞きました




 家具選びのコツは採寸です。

 大きすぎる家具は部屋を圧迫させるし、小さすぎる家具は収納に困ったりするので、自分の部屋に何があり、スッキリ見せたいのか、楽しい雰囲気を作りたいのかでも異なります。

 採寸の時には家具の高さも考慮しておきましょう。

 そして現在ある家具を活かせるかどうかも考えておきましょう。

 ヘタクソでもいいので絵に描いてイメージするとさらに自分の理想に近づきます。



 最初はこんな感じでいいと思います。

部屋の描き方(1)~基本編~ 

HLは目の高さですが、これをどの高さに配置するかで見え方が変わってきます。HLを低く設定した場合と高く設定した場合とで違いを把握して、適切な位置に置けるようになりましょう。

🌟部屋の描き方(1)~基本編~


 詳しく書きたいという人は上記サイトを参考にしてみて下さい。

 自分の部屋をどうしたいかを色々な映像や画像を見て参考にしてみましょう。



 壁面を収納するのか、アンティークなスタイルなのか、カルフォルニアスタイルなのかなどです。



 アンティークスタイル



 家具選びはめっちゃ楽しい反面、もし自分の部屋に合わなかったりするとかなりガックリします。

 できるだけ慎重に選び、長い付き合いをしていきたいですね。

 皆さんのセンスが問われる問題ですね。
タイトルとURLをコピーしました