間取り大好き!自宅をリフォーム、アイデア満載のDIYから建築まで 部屋のレイアウト基本を知る


間取り大好き!自宅をリフォーム、アイデア満載のDIYから建築まで 部屋のレイアウト基本を知る

(ライターFT)

STEP-4:家具のレイアウト例 

 「家具の配置・レイアウト」は部屋の間取りやサイズ、使用人数、日々の過ごし方などによって大きく変わります。こちらでは一般的な間取りから少し変わった間取りまで、様々なレイアウト例を「部屋別・サイズ別」にご紹介します。ご希望のレイアウトを見つけて部屋作りの参考にしてみましょう。

🌟はじめてのレイアウト計画




 まずは部屋を作る際に基本は押さえておきたいですね。



 □ LD10畳 → リビングダイニング10畳例



 □ LDK12畳 → リビングダイニングキッチン12畳

 リビングダイニングのみ、もしくはキッチンまで含まれているかの違いとなります。

 まずはインテリアの基本的な考え方としてはカラーコーディネートを考えましょう。

 カラーコーディネート(=色彩プラン)をしっかり持ち、快適な空間を考えていきましょう。

 色の属性や色の心理作用など基礎的な知識を知ることが大切です。

 どんなから0にすれば良いか分からないという方は、お部屋でどう過ごしたいかを感がましょう。



カラーについて 

 色は大きく2つに分類できます。赤、青、黄色のような色みのある色を「有彩色」といい、白やグレー、黒など色みのない色を「無彩色」といいます。

 また、色は「色相」「明度」「彩度」の3つの属性から成り立ちます。「色相」は赤や青などの色合いの違いをいい「明度」は色の明るさの度合い「彩度」は鮮やかさの度合いをいいます。 なお、無彩色は「明度」により分類されます。

🌟第1回 カラーコーディネートの基本(1)


 色相環とトーン、上記おサイトでは色相環とトーンを理解しておく事が必要です。

 暖色系と寒色系があり、心理的な効果の代表的なものとして「暖色系」と「寒色系」があります。文字通り「暖色系」は暖かさを感じさせ、活動的な印象です。

 「寒色系」は涼しさを感じさせ、落ち着きのある印象に見えます。
また「暖色系」は近くに見えるため「進出色」といい、「寒色系」は遠くに見えるため「後退色」ともいいます。

 軽い色と思い色、派手な色と地味な色、お部屋の照明などによってもお部屋の雰囲気は変化します。心理的に冬場は暖色系、夏場は寒色系を好むと思いますが、今はLEDなどで照明のカラーが変えられるのでどうしたら良いか分からない人はLEDで変化をつけるのも良いかもですね。

 但し、部屋に設置しているインテリアカラーにも配慮が必要です。

カラーについて 

 色には人の感情に働きかける心理的な効果があります。暖かさ、重さ、派手さなどです(01~03)。
 また、それを利用した基本的な配色法をまとめてみました(04~07)。
 図の例を見ながらその効果を確認しましょう。
 常に色を対比させることや単調にならないように変化をつけることが重要です。

🌟第2回 カラーコーディネートの基本(2)


 上記サイトではかなり詳しく紹介してくれております。

 カラーは重要です。しっかり考えて快適な空間を作りましょう。



 自分でできない人は動画を参照して下さい。

 色々な実例を見ていきましょう。



 こうしたインテリアに変化をつけるのはお金もかかる事です。

 慎重に行いたいですね。
タイトルとURLをコピーしました