2020年 春ドラマ 期待できるドラマは? ハケンの品格 篠原涼子はやっぱりいい!


2020年 春ドラマ 期待できるドラマは? ハケンの品格 篠原涼子はやっぱりいい!

(ライターFT)

【水曜 後10:00】『ハケンの品格』(日本テレビ系) 

 2007年に話題を呼んだドラマが復活。篠原涼子扮する一匹狼の大前春子が13年ぶりに帰ってくる! 彼女は数多くの超人的スキルを持ち、さまざまな職種を渡り歩いてきたスーパー派遣社員。そんな彼女が新しい時代に嵐を巻き起こすお仕事ドラマ。

🌟【水曜 後10:00】『ハケンの品格』(日本テレビ系)




 2007年に放送された派遣の品格はスーパー派遣で特Aクラスの派遣社員。時給は3000円という破格の時給。職種は事務職になります。

color: #FFFFEE;”>2007年ハケンの品格・第1話ネタバレ・感想 

篠原涼子演じる大前春子は、派遣会社『ハケンライフ』に勤める時給3000円のAランク派遣社員。休暇でスペインにいたが、営業一ツ木より仕事の連絡が入り日本に戻る。

丸の内にある老舗の食品会社S&Kでは、営業部長の桐島(松方弘樹)が、東海林(大泉洋)と里中(小泉幸太郎)に辞令を命じる。

東海林は営業二課の主任になった。
里中は、新設されたマーケティング課の主任に昇進したが、あまり嬉しくなかった。というのも営業部の端に物置小屋みたいに新設された課だった。
帰り道落ち込んでバスに乗っていると、目の前におばあちゃんがいることにも気づかず座ったまま。
そこへ春子がいきなり里中のネクタイを引っ張り、席をどかせます。里中はびっくり。それを尻目に春子は空いた席に座り眠りだした。「何か?なにか?」

就職ができなかった美雪はアルバイトが首になり必死に派遣先を探していたが、S&Kという会社でやきそばパンを買いに行かされた派遣が怒り辞めてしまったため、一ツ木と面談に行けることになった。

しかし東海林にパソコンスキルをきかれ「ワードぐらいはできるんだよね?」と聞かれ、「はい」と答えてしまい、美雪は「エクセルもパワーポイントはできます」と言ってしまう。実務経験がなくパソコンスキルも浅いのに即戦力だと思われてしまった。

桐島部長は「大前さんがきてくれるならこの人でいいよ。」となり翌日から働くことになってしまった。

🌟【2007年ハケンの品格ネタバレ・第1話感想】スーパー派遣・大前春子登場




 前回の1話目はこんな感じで進みます。

 実は前科のこのドラマ見てないんです。

 篠原涼子が好きだったんですが、何となく別のドラマを見ていたような。



 年齢を重ねるごとに美しさを増す篠原涼子、結婚してますます大人の魅力が輝いていますね。

 篠原涼子のドラマといえば「アンフェア」の彼女は最高にカッコ良くて美しかったですね。



 篠原涼子主演のドラマなのでチャックしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました