2030年の未来を妄想しよう 明るい未来はすぐそこまできていると信じています。


2030年の未来を妄想しよう 明るい未来はすぐそこまできていると信じています。

(ライターFT)

2030年の世界を妄想しよう 未来像から事業のタネ探せ  

 この連載もとうとう10周年を迎えた。10年前は日本でiPhoneが普及し始めた頃で、スマートフォンでの電子商取引(EC)やリアルな店頭でのスマホ活用が注目されるといった話を書いていたことを思い出す。

 今必要なのは2030年の世界を妄想することだ。それは一人ひとり自分が心から願う未来であることも大事だ。「SDGsが大事だってみんな言うから……」と考えるような未来では、すでに人ごととして流された未来になる。

 日本の多くの街で移民が劇的に増えているだろう。小さい地方空港にはプライベートジェットがたくさん駐機し、おいしいフレンチレストランはアジアの金持ちによるクラウドファンディングだけでビジネスが成り立っているかもしれない。誰もが3つの会社の仕事をしながら2カ所以上に住むことも当たり前になり、移動のための交通費は定額になっているかも。週休3日の人も増えているだろう。

 現在は工業化社会が終わり、新しい社会へと激変するワクワクを楽しめる時代と言える。この連載も多くの人々のワクワクを伝える場所として、次の10年を目指して頑張りたい。

🌟奔流eビジネス (D4DR社長 藤元健太郎氏) 日本経済新聞




 2030年には自動運転がレベル5になっている。レベル5と言えば完全な自動運転、法整備も急がれ運転免許無しでクルマが購入できたりする訳だ。もちろん自分で運転したい人は運転免許が必要だろう。しかし完全なレベル5の自動車なら免許も要らなくなる。

 自動車産業はさらに発展し、排ガスを出さないクルマも出てきている。但し、化石燃料を生業としている富裕層が簡単に利権を手放す訳もなく、排ガスを出さないクルマへの転換は後30年先だろう。

 30年後、自動車は宙に浮いて走行しているのだろうか?

 映画「バック・トゥザ・フューチャー」が公開された1985年の30年後の未来ではクルマは宙に浮いていたけど2050年には宙に浮いているのだろうか。

 クルマが空を飛ぶようになれば、交通機関も大きく変わるだろう。

 自動運転で空飛ぶクルマなら大阪から東京まで短時間で行けるのではないのか?

 高速道路が不要になり、残された高速道路を有効利用出来ないだろうか?

 例えば高速道路を巨大なショッピングモールなどの商業施設に生まれ変わらせたり、家を建てたりするのもありかも知れない。

 私達の生活はスマートフォンの登場で大きく変化しました。

 スマートフォンはさらに進化を遂げ、4Gから5Gに。

 通信速度は格段に上がり、遅延がなくなり同時接続も増え、動画再生が主流になると言われています。

 乗用車の自動運転やドローン、医療系技術やロボットやAIなど、現在の最先端の技術がさらに進化すると言われており、自宅にいながらPCやスマートフォンで農作業や建築作業も可能になるかも。



 さらに6Gに進化するまでさほど時間はかからないだろう。

 妄想もできない未来があと10年後、2030年代にやって来るという事になります。

 1979年に携帯電話が産声を上げ約40年、当時はクルマに備え付けられた電話機でした。携帯できる電話が登場したのは1985年、重量約3kgのショルダーホンでした。1993年にデジタル方式の2Gが運用を開始、ポケットベルやPHSが登場したのがこの頃になります。

 2000年代に入ると3Gが開始され、さらに技術革新が進みました。



 技術の進歩はさらなる進歩を生み出し、技術革新は飛躍的に進むのでしょう。

 この先の未来、5G技術が発展すると同時にドローン技術も発達していくでしょう。

 配送もドローンを使い、お届け時間に自宅にいるようにスマートフォンから通知が届き、顧客が自宅にいる時間にお届けができるようになって行くでしょう。注文し1時間後に商品到着なんてこともすぐそこにきているのではないでしょうか。

 世界はコロナショックでドン底に落ちていますが、ドン底まで行ったら後は上がるだけです。

 明るい未来はすぐそこまできていると信じています。
タイトルとURLをコピーしました