食べ物を考えよう 咀嚼と歯の健康とダイエット 食べ物を噛むことを楽しむ


食べ物を考えよう 咀嚼と歯の健康とダイエット 食べ物を噛むことを楽しむ

(ライターFT)

しっかり噛めば健康になる! 

 まず、咀嚼が身体に及ぼすよい影響について知っておきましょう。

①食べ物の消化・吸収によい
 消化酵素のアミラーゼを含む唾液の分泌を促し、胃腸での食べ物の消化吸収を促進する。また、よく噛まないと、消化器官に余分な負担がかかり、消化不良を起こすこともある。

②むし歯・歯周病予防
 唾液の分泌がよくなり、唾液に含まれる免疫物質が細菌を減少させるため、口腔内の清潔が保たれ、むし歯や歯周病の予防につながる。

③がんや老化を予防する
 唾液に含まれるペルオキシターゼというたんぱく質には、発がん性物質の発がん作用を抑える働きがある。また、ペルオキシターゼには、老化現象など、身体に悪影響を与える活性酸素を抑制する働きもあるので、よく噛むことは老化防止にもなる。

④脳を刺激、活性化する
 おいしい・まずい、固い・軟らかい、熱い・冷たいなどと感じたり、噛むという作業により、頭部の骨や筋肉が動き、血液の循環がよくなることで脳神経が刺激され、脳の働きが活発になる。

⑤ストレス解消と肥満防止
 早食いをせず、ゆったりと時間をかけて楽しく食事をするということは、緊張をほぐし精神を安定させ、ストレス解消にもなる。また、食事に時間をかけることにより、満腹感が得られ、食べ過ぎによる肥満防止の効果もある。

⑥強いあごをつくる
 固い物をよく噛んで食べると、上下のあごの骨や顔の筋肉が発達し、丈夫なあごをつくる。あごが充分に発達していないと歯並びが悪くなり、運動能力が低下するなど、いろいろと健康を害する問題が生じる。


🌟要注意!みるみる「貧乏」になる危険な食生活




 噛むという行為が減った原因というのが、柔らかい食べ物が増えたから。咀嚼回数が減ったことにより、現代人のあごは昔の人に比べ、小さくほっそりしてしまいました。その影響か、永久歯が生えるスペースが不足し、歯並びが悪くなったり、咬合異常(こうごういじょう:噛み合わせが安定しないこと)が増えたと言われています。



 1回の食事でどのくらい噛んでいるのか、上記のイラストで弥生時代から人間の食事の時間がかなり減ってきているというのは分かります。

 咀嚼回数が減ると、顎が小さくなり唾液の分泌が減少し、噛み合わせの矯正ができず肩凝りや頭痛の原因になると言われています。



 驚きはガン予防にも効果があることです。

 もし食事で咀嚼回数が減っていると感じたら、おやつでスルメを噛みましょう(笑

 居酒屋に行くとついつい食べ過ぎてしまうのですが、アタリメをひとつ注文しておくとかなり保ちます。



 あまり噛み過ぎると顎や歯茎が痛くなってきますが、歯磨きと歯間ブラシでケアしておけば大丈夫です。そのうち歯茎がしっかりしてくるので、歯も丈夫になります。

 最近ハマっているのがアスザックフーズから発売されている「かむカムこんにゃく」というおやつです。



 なかなかオススメです。

 咀嚼をしっかりしてダイエット、どこまで可能か、結果はまたお伝えしますね。
タイトルとURLをコピーしました