個性的すぎる漫画キャラ 面白すぎるキャラ達 高橋のぼる編


個性的すぎる漫画キャラ 面白すぎるキャラ達 高橋のぼる編

(ライターFT)

『土竜の唄』(もぐらのうた) 

 『土竜の唄』(もぐらのうた)は、高橋のぼるによる日本の漫画。『週刊ヤングサンデー』(小学館)2005年38号から休刊号にあたる2008年35号に連載、同誌休刊後は『ビッグコミックスピリッツ』(同)で2008年41号から連載している。

 『月刊!スピリッツ』から日浦匡也を主人公にした『土竜の唄外伝 狂蝶の舞』が連載を開始した。

🌟出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




 ヤクザ漫画です。かなりギャグ満載で内容はかなりおげフィンな内容になります。



 警察署の所長さんのモデルは完全にあの人ですね。

 あの人が漫画のキャラとして使われる頻度はかなり多いです。



 超人気アニメ、ワンピースでも登場しています。

 「土竜の唄」まだ実写は観てないのですが、かなり期待しています。



 かなり懐かしい感じのヤクザ潜入物ですが、昭和の大漫画家、どおくまんをスタイリッシュにした感じでしょうか。お下劣で最低ですがハチャメチャでかなり面白いです。

 作者の高橋昂は他にも同じようなヤクザゴルフ漫画なども手掛けており、かなり売れっ子の漫画家です。アニメ化よりVシネマよりの実写化が合っている漫画です。



 2017年から連載している歴史マンガもかなりオススメ。高橋のぼる独特の作風と劉邦という人物は秦の始皇帝が中華統一を果たした後に生まれてきた英雄を描いた物語です。

 やはり土竜の唄のキャラはかなり面白い。キャラだけでもかなりのインパクトがありますが、セリフもかなり面白いんです。



 「嘘つきは警察の犬の始まりじゃぁ~」

 最高ですね(笑

 阿呆鳥の唄という作品もかなりお下品な仕上がりです。



 サブキャラも何とも言えないおかしさがあります。

 何も考えずに笑えるマンガ、いいですね。
タイトルとURLをコピーしました