夏に向け体重を落とし、筋力をつける


夏に向け体重を落とし、筋力をつける

(ライターFT)

①食事制限しすぎてストレスを溜めない 

 甘いものはNG、夜遅くは食べない…食事制限をしすぎるとストレスが溜まるもの。そんな状況が続くことで、かえってリバウンドしてしまったり。

 食べないダイエットで15kgくらい落ちたとき、ストレスの影響で過食になって結果的にリバウンド。おまけに肌はボロボロで体調も悪く、最悪な状態でした。ストレスに感じるくらいなら、少しなら好きなものを食べてもいいと思います。

 ②糖質は控える or 白米を玄米に変える

 一番メジャーで簡単な「糖質制限」が、白米をなるべく食べないようにすること。精製された白米は血糖値が上がりやすく、からだが糖化=老化してしまう。本気で痩せたいと思うなら、その炭水化物にメスを入れるのが近道。完全に断つのが難しいというひとは、白米を玄米に変えるのがおすすめ。

 玄米の中でも発芽玄米がおすすめです。玄米だけだと少し固いのですが、発芽玄米はそれだけでもおいしく食べやすいです。食物繊維やビタミンB1、GABAといった栄養素も豊富に含まれています。

 ③食物繊維をたくさん摂る

 「食物繊維」には、ダイエットにうれしい効果がたくさん。

 1) 糖質の吸収をゆるやかにして血糖値の上昇を抑える
糖質を摂ると食後の血糖値が上昇してしまうが、食物繊維を最初に摂っておくことでその血糖値の上昇を抑えることができる。

 2) 腸内環境を整える
水溶性食物繊維は腸内の善玉菌を増やしてくれる働きがある。別名「痩せ菌」ともいわれる善玉菌を増やして腸内環境を整える。

 3) 摂りすぎた脂質、コレステロールの吸収を抑える
悪い脂やコレステロールを摂ってしまった場合は体外に排出する必要がある。その際に食物繊維が役立つ。

 ちなみに、食物繊維を多く含む食材には、野菜、きのこ類、玄米、大豆類、海藻類などがある。
現代人は食物繊維が不足しがち。1日に必要な量の60%も摂取できていないのが現状なので、積極的に摂るようにしましょう。

🌟15kgダイエットに成功した管理栄養士の「食事制限」だけで痩せる11のルール




 上記サイトでは11のルールとありますが、抜粋した3つのルールで痩せることは可能です。

 何度もダイエットを繰り返し、リバウンドしている私は毎年この時期から夏にかけてダイエットを始めます。

 若い頃の様に冬場は毎週の様にスノーボードに行けるわけではなく、最近は筋力も低下してきています。

 簡単な食事制限、食事制限といっても我慢は良くないのです。

 年齢を重ねていくと、代謝が落ちてきますので、ある程度の食事制限は必要です。

 よるご飯を抜くと効果は顕著に現れてきます。

 確かに腹は減るのですが、腹が減っている状態、実は身体にはとてもいいのです。空腹ではなく8分目をお腹に覚えさせるのです。

 40歳を超えると、さらに代謝も落ちてきます。

 そこで筋トレが効果的です。

 代謝も少し上がってきますので、痩せやすい身体になります。



 まずはイメージするところから始めてみましょう。女性なら上記の画像の様なボディを思い浮かべ、自分の顔をこのボディに当てはめてみて下さい。



 まずは自分がなりたいと思うボディスタイルをイメージすることが大切です。



 実際にここまでのボディで無くても、イメージすることで理想のボディに近づくスピードも違ってきますので、まずはイメージして下さい。

 そして夜は白米抜きから始め、腹筋も30回から始めてみましょう。

 コレだけでかなり体重のコントロールは可能になります。

 そして身体の調子が良くなってきますので、是非、試してみて下さいね。
タイトルとURLをコピーしました