南海トラフの危険性が高まっている。マジか!


南海トラフの危険性が高まっている。マジか!

(ライターFT)

浅い部分で「ゆっくり滑り」=南海トラフで検出―海保・東大 

  紀伊半島沖から四国沖にかけての南海トラフで、陸海のプレート境界の浅い部分がゆっくり滑る現象を7地点で検出したと、海上保安庁の石川直史火山調査官と東京大の横田裕輔講師が15日付の米科学誌サイエンス・アドバンシーズに発表した。将来、観測地点が増えてデータが蓄積されれば、巨大地震のリスク評価に役立つと期待される。

 南海トラフの浅い部分は沖合遠くの海面下10キロ程度にあり、全地球測位システム(GPS)などを使った陸上観測網では地殻変動を捉えにくい。このため、海保は観測したい場所の上に海底局を設置し、年に数回、船から音波で位置を測定。GPSなどで把握した船の位置と合わせて計算することで、地殻変動による海底局の移動を捉えている。

 南海トラフでは陸側プレートの下に海側プレートが沈み込み続けている。境界は固着している部分と滑っている部分があり、長年固着してひずみがたまった所が急に滑ると大地震や津波を引き起こす。

 ゆっくり滑りを検出した7地点は、強い固着が推定される領域の周辺にあり、変動幅は5~8センチ程度。このうち紀伊水道沖の2地点は2017年から18年にかけ、同時にゆっくり滑っていた。

 ゆっくり滑った所の近くにある固着域では、急に滑らせようとする圧力が高まる恐れがある。横田講師は「力の変化を知るにはさらなる観測が必要。まず平時の状態を知らないといけない」と話している。

🌟浅い部分で「ゆっくり滑り」=南海トラフで検出―海保・東大




 想定される死者数は、最悪の場合32万人と言われています。

 南海トラフ地震は、過去には100年から150年間隔で繰り返し発生しているが、1944年の昭和東南海地震や1946年の昭和南海地震が起きてから70年以上が経過していて、平常時においても今後30年以内に発生する確率は70から80%と、切迫性が高まってきている。



 リンク先のニュースを見ると、すでに陸側プレートの下に海側プレートが沈み込み続けているという報道があった。

 2020年 1月16日04時36分 釧路沖 M3.0 震度1  1月16日04時38分
2020年 1月15日20時31分 釧路沖 M4.7 震度3  1月15日20時35分
2020年 1月15日19時50分 福島県沖 M3.7 震度1  1月15日19時53分
2020年 1月15日08時19分 茨城県沖 M3.8 震度2  1月15日08時22分
2020年 1月14日22時19分 青森県東方沖 M3.2 震度1  1月14日22時22分
2020年 1月14日16時40分 茨城県南部 M3.2 震度1  1月14日16時43分
2020年 1月14日13時25分 茨城県沖 M4.9 震度3  1月14日13時29分
2020年 1月14日04時53分 茨城県南部 M5.0 震度4  1月14日04時57分
2020年 1月14日01時58分 紀伊水道 M3.0 震度1  1月14日02時00分
2020年 1月14日01時14分 トカラ列島近海 M2.6 震度2  1月14日01時19分
2020年 1月14日01時09分 トカラ列島近海 M2.3 震度1  1月14日01時15分
2020年 1月13日11時28分 沖縄本島近海 M3.3 震度1  1月13日11時31分
2020年 1月13日10時52分 栃木県北部 M2.6 震度1  1月13日10時55分
2020年 1月13日03時34分 長野県北部 M3.0 震度2  1月13日03時37分
2020年 1月12日21時31分 石垣島近海 M3.6 震度1  1月12日21時34分
2020年 1月12日11時42分 長野県北部 M2.8 震度1  1月12日11時45分
2020年 1月12日10時06分 種子島近海 M2.3 震度1  1月12日10時10分
2020年 1月12日00時55分 根室半島南東沖 M4.7 震度3  1月12日01時00分
2020年 1月11日21時11分 千葉県東方沖 M3.7 震度1  1月11日21時14分
2020年 1月11日20時53分 熊本県熊本地方 M2.1 震度1  1月11日20時57分
2020年 1月11日16時34分 長野県北部 M2.3 震度1  1月11日16時38分
2020年 1月11日15時25分 種子島近海 M2.3 震度1  1月11日15時28分
2020年 1月11日00時59分 トカラ列島近海 M2.7 震度2  1月11日01時04分
2020年 1月11日01時00分 トカラ列島近海 M2.4 震度2  1月11日01時08分
2020年 1月10日19時59分 石垣島近海 M4.4 震度1  1月10日20時02分
2020年 1月10日17時09分 奈良県 M3.3 震度1  1月10日17時12分
2020年 1月 9日06時29分 愛知県東部 M3.0 震度1  1月 9日06時32分

 こんな感じで地震が頻発している。

 1月14日には関東で震度4という大きめの地震まで発生しており、南海トラフの前兆ではないのかと疑いたくなるような予兆がある。昨年末からの異常な気温、暖冬が続いている。北海道で雪が降らないという異常事態となっている。

 2020年に入って福井県敦賀市では『リュウグウノツカイ』が既に2回も漂着したり、プエルトリコの地震で『環太平洋対角線の法則』が発動か!リング・オブ・ファイアでは巨大地震が頻発しているらしい。



 無駄に不安は煽りたくないが、特に今年は備はしっかりしておきましょう。
タイトルとURLをコピーしました