歯の再生医療 どこまで進んでいる?


歯の再生医療 どこまで進んでいる?

(ライターFT)

乳歯ではなく、大人の永久歯の話です。いま歯の再生医療の研究が、急速に進んでいます。 

 歯を抜いたり、歯の大部分を失った場合、そのあとはどのように治されるのでしょう。 さし歯や入れ歯で補う、これはよく知られていますね。では、「再生医療」という言葉を聞いたことがありますか。 体の一部を失ったり、臓器が正常に働かなくなったとき、細胞からその部分を再生し、失われた機能を取り戻そうという医療のことです。 臓器移植などに代わる最先端の医療として、あらゆる医学分野で研究され、めざましい進歩をとげています。

 歯を抜いても、自分の細胞を培養して自然の歯と同じ性質の歯をつくり、口の中で成長させて再生する。それがもう夢ではなくなりつつあるのです。 まだ歯のつくり方や適切な細胞を探っている研究段階ですが、再生を成功させるのは将来のあなたかもしれません。 また、抜いた歯に含まれる歯髄細胞の再生力に着目し、将来、臓器や皮膚の再生にも役立てようという「歯髄細胞バンク」もスタートしています。

🌟新しい歯科医師の時代がやってくる! > 歯を抜いてもまた生えてくるって本当ですか? 




 なくした歯は戻ってこないんです。

 若い頃、歯を大切にしておけば良かったと後悔している人は多いのではないでしょうか?

 歯の再生が夢ではなくなっているというのです。

 ホンマかいなっ!

 IPS細胞が歯の再生を実現化させてくれるようですね。

 今はインプラントなどが最新の歯科治療として知られていますが、実はもう、自分の歯を他の細胞から培養し、自分の歯をインプラントのように埋め込むということが考えられています。

 歯の悪い人はその周辺組織も痛んでいます。歯周病が歯茎を痩せさせ、歯の根を覆っている歯槽骨という組織が溶けてしまっていたり、土台となる大切な部分なため、溶けてなくなってしまえばインプラントなどの治療もできなくなります。そのため、歯周組織再生療法は、インプラント治療をしていく上でも重要な治療となります。

歯周組織再生療法 

・GTR法
GTR法は、歯槽骨などが広い範囲で溶けてしまった際などに使います。特殊な膜を患部にあてることで、骨を再生するのです。この膜は吸収性のため、除去手術などは行わずに治療できます。このGTR法の費用は5~10万円程度ですが、場合によっては保険適用となることもあります。

・エムドゲイン法
骨が溶けた範囲が比較的狭いのであれば、このエムドゲイン法をとります。このエムドゲイン法は、特殊なゲルを使って骨を再生させる方法です。このゲルの含有成分はたんぱく質で、子供の歯が生える際に必要となる栄養素と同じものです。エムドゲイン法の費用は5~15万円と少し幅が広がりますが、こちらもゲルなので除去手術は必要なく、身体への負担も少なくて済みます。

🌟歯の再生治療とは?その方法と治療費


 とにかくスンゲェ~医療技術革新です。

 ではいつ?

 残念ながらマウス実験で成功している段階だそうです。

 成功してから実用化されるまでに10年、少し余裕を見て考えると2035年頃にはこの技術は確立されているでしょう。

 それまでは歯を大切にしましょう。



 高いのは間違い無いでしょう。

 それまではマメに歯科医で検診と歯石除去を行っておきましょう。
タイトルとURLをコピーしました