コーヒーと健康について考察する カフェインとポリフェノール


コーヒーと健康について考察する カフェインとポリフェノール

(ライターFT)

コーヒーを1日3~4杯飲む男性は糖尿病リスクが17%低下 

 コーヒーや飲酒が、2型糖尿病などの生活習慣病や循環器病と関係していることや、血糖や血圧など血管に影響することが分かってきた。
 コーヒーには数百におよぶ成分が含まれており、そのなかには2型糖尿病など生活習慣病の予防に有用なものも含まれている。

 2型糖尿病の予防に効果的な飲料としてコーヒーは注目を集め、日本を含む世界各国から「コーヒーに2型糖尿病を予防する効果ある」という報告が発表されている。

 国立国際医療研究センター(当時)の野田光彦氏らが2009年に発表した、40~69歳の日本人約5万6,000人を対象とした「JPHC研究」では、コーヒーを飲む回数が「1日3~4杯」の人は、「ほとんど飲まない」人に比べて、2型糖尿病を発症するリスクが、男性で17%、女性で38%低下することが分かった。

 興味深いことに、紅茶やウーロン茶を飲む習慣のある人ではこうした傾向はみられなかったという。「コーヒーには、ストレス緩和以外にも、糖尿病リスクを下げるような独自の効果があると考えられる」と、研究者は述べている。

🌟「コーヒーは健康に良い」は本当か 何杯までなら飲んで良いのか?




 コーヒーを飲み始めたのは小学校4年生ごろからだったと思います。

 最初は砂糖とミルクを入れて飲んでいましたが、大人になり40歳を過ぎた頃からブラックコーヒーの美味しさを感じました。

 コーヒーについて調べていると、健康には良いとされる情報が非常に多い一方、少数ではありますがコーヒーの飲み過ぎは身体によくないという話も聴きます。

コーヒーに含まれるカフェインの効果 

 妊婦さんや子どもはカフェインが多いコーヒーを飲まない方がいいと言われていますが、有用な効果もたくさんあります。

 よく知られているカフェインの効果は覚せい作用です。カフェインの覚醒作用により、頭をすっきりさせて集中力を高める効果があります。また、利尿効果があり、体内の老廃物の排出を促進させる効果があります。他にも、中枢神経を刺激して、自律神経の働きを高めたり、運動能力を向上させたり、心臓の筋肉の収縮力を強化させたりするなど、コーヒーに含まれるカフェインは、多彩な効果をもっています。

🌟コーヒーの健康効果とは 健康長寿ネット


 コーヒーの中に含まれるカフェインですが、カフェインの効能を期待するなら高カフェイン飲料で賄えるはずです。カフェインの主な作用は、中枢神経を興奮させることによる覚醒作用および強心作用、脂肪酸増加作用による呼吸量と熱発生作用による皮下脂肪燃焼効果、脳細動脈収縮作用、利尿作用などが主な効能です。



 無水カフェインとして、一般消費者向けの総合感冒薬や鎮痛薬に添加されることが多いほか、臨床的に偏頭痛等に用いられる場合があるそうです。総合感冒薬ではカフェインの作用である鎮痛補助目的らしく、カフェイン自体の鎮痛効果はないと云われています。

 中枢神経を覚醒させ、疲労や眠気を軽減、通常の量であれば学習と記憶に影響し、一般的に反応時間、覚醒、集中、運動コントロールを向上させると云われています。

 副作用としては骨を弱くし、過剰摂取した場合、死亡する恐れもあります。実際に高カフェイン飲料を飲んだこどもが死亡したというニュースも聴いたこと有りますね。

 コーヒーの効能で1番の含有量として目立つのはカフェインですが、ポリフェノールの含有量も多いと云われています。赤ワインに次ぐ含有量になります。赤ワインのポリフェノール含有量は230mg、コーヒーは200mgとなります。お酒があまり飲めない人はやはりコーヒーでポリフェノールを摂るのがベターですね。



 ポリフェノールは心疾患になり難いのが特徴になり、心臓病・脳卒中・呼吸器疾患の死亡リスク低下がデータで出ています。

 心疾患に良い理由としては動脈硬化予防があると云われています。





 まずはこれらの効能を知った上で、コーヒーを楽しんで下さい。
タイトルとURLをコピーしました