空飛ぶ車が行き交う世界はすぐそこ。


空飛ぶ車が行き交う世界はすぐそこ。

(ライターFT)

世界中で加速する「空飛ぶクルマ」の実現に向けたプロジェクト 

 現在も、飛行機やヘリコプターなど空飛ぶ乗り物を使い、人や物の輸送が行われています。ただ、やはり手軽さや身近さという面では十分とは言えません。もっと容易な手段があれば、空を利用する可能性はもっと大きく広がっていくことでしょう。世界でもベンチャー企業から大企業まで、人を乗せて自由に空を移動する「空飛ぶクルマ」の研究・開発を進める動きがどんどん大きくなっています。

 日本国内においても、ドローンによる離島や山間部での物流サービスを始めようとしているところも出てきているのです。今後は、物の輸送ばかりではなく、人を乗せて自在に移動ができる機体やサービスの実現が大いに期待されています。

 このような世界的な動きから、始動したのが「空の移動革命に向けた官民協議会」です。

🌟「空飛ぶクルマ」が行き交う時代がやってくる! 気になる実用化はいつから?




 空飛ぶ車の販売は2023年を目標にしているとか。

 でもこんなクルマはクルマとは言わない。ヘリコプターだ。ヘリコプターは空を飛んで当たり前なのだ。そうではなくバック・トゥ・ザ・フューチャーに出てくるデロリアンのような車でないとならない。

 価格は4000万円~5000万円とかなり高めだが、実際に販売されだすと、加速度的に開発は進んでいくのだろう。

 これが実用化されると、経済的にもかなり良い効果が生まれるはず。従来の交通手段で遠回りを強いられていた、あるいは渋滞などで時間を浪費していた2拠点間の移動が、空飛ぶクルマの導入によってスムーズに行える。経済効果としてはかなり効果は見込めるだろう。

 ただし天候にかなり左右されるのは間違いない。



 災害時でも大きな効果を発揮するだろう。

 すでに飛行実験は始まっており、2023年の販売、2030年には事業ベースに載せるという目標を掲げている。

 経済産業省が「空の移動革命に向けた官民協議会」を発表し、国と企業が一体となり、このプロジェクトを勧めているので、決してSFの世界ではなく現実味を帯びている。



 でもまだどれもヘリコプターや飛行機のような飛び方なんです。



 やはりこのような飛び方でなければならないのですが・・・



 この技術を実現化するには、ロシアの天才昆虫学者ヴィクトル・S・グレベニコフ教授が発見した反重力装置の開発をする以外ない。
タイトルとURLをコピーしました