家事から解放されるとヒトはどうなってしまうのか?


家事から解放されるとヒトはどうなってしまうのか?

(ライターFT)

例9.家事からの解放 - 一家に1台家庭ロボット - 

 高度な人工知能を備え、家事に必要な動作が可能なロボットが開発されている。また、ロボットのリース・サービスなど新たなサービス・ビジネスが出現し、ロボットが家庭に安全に導入され普及することにより、家事から 解放され、時間にゆとりができ、子育て・仕事・趣味が同時に支障なく成り立つ。
参考:イラストで見る20のイノベーション代表例 内閣府

🌟イラストで見る20のイノベーション代表例 内閣府


 内閣府のイラストで見る20のイノベーション代表例で紹介されているのですが、これが現実化できれば、主婦はかなり生活の負担が軽減される。実現のために必要な技術・システムとしては家庭に1台、掃除、洗濯などを行う「お手伝いロボット」が一般化する事が必要になります。もしくはこうしたロボットレンタルサービスが普及する必要がありますね。



 実はこうしたロボット、すでに実現化されており、価格も56万円で販売されています。



 動画を見ると、まだまだといった感じですがかなり進化していますね。

 これならローンで36回払いなら月々16,000円程度で購入可能です。

 月々16,000円で家事の半分でも出るのなら安いと感じる人は多いのではないでしょうか。

 すでにお掃除ロボットや洗濯物をたたみ、収納するロボットというか装置まで開発されています。ロボット開発を手掛ける「Mira Robotics株式会社」はロボットによる家事代行サービス「ugo(ユーゴー)」を開発しているそうです。

例9.家事からの解放 - 一家に1台家庭ロボット - 

 カリフォルニア大学バークレー校にあるロボット学習研究所にて、 AIで学習する2本腕の家事手伝いロボ「Blue」が開発されています。

参考:一家に一台! 何でもこなせる2本腕の家事手伝いロボが56万円

🌟GIZMODO


 「帰宅すれば、家事が終わっている」

 まさに夢のような世界です。

 経済的な問題がありますが、こうした技術が進んでいくと、人間に余裕ができます。仕事も遅くまでできるでしょう。働き方改革も進み、さらに余裕ができると経済は活性化するでしょう。

 そして少子化の解消も夢ではなくなるのではないでしょうか。

 家事が軽減されることで余裕が生まれます。ヒトは余裕が生まれると生殖活動に勤しみます。ヒトは退屈になるとそうした行為が盛んになるでしょう。後は経済的な余裕ですね。



 仕事と家庭の両立、つまり家事のアシストが可能になれば少子化も解消可能ということになります。もちろん子育ての支え合いも必要になります。こうした下地を整えることで、子供達が笑う素敵な未来が見えてきませんか?

 家事の負担が減ると、仕事に力を入れる人が出てくるでしょう。

 そこは働き方改革で法整備し、働くだけではないライフスタイルを作ることでより良い未来が見えてくるような気がしています。

 日本に貧困がなくなり、人々に余裕が生まれ、さらに優しい社会ができたなら、そんな未来を思い描きたいです。
タイトルとURLをコピーしました