古き良き時代のアイテムと考え方

(ライターFT)

古き良き時代のアイテムと考え方


物が豊かで、心は貧困な時代 

 かつて男女とも武道、謡曲、書道、華道など習い事をする風習があった。
 企業や学校でもこれを勧めて行い、礼儀、作法が知らず知らずのうちに教えられていた。
 現在はこうしたマナーを教える人や機会が減ったことも影響し、他人に迷惑をかけることが多くなっているのではないか。

🌟「古き良き伝統」を見直す時期 「物が豊かで心は貧困な時代」


 昭和生まれの私からすれば、昭和はすでに一昔前。平成生まれの人は昭和を大昔のように感じているでしょう。

「女性の変遷」 

 時代と共に女性の社会進出が増えて、社会では男女の格差がなくなりつつあります。そのため、男勝りな女性も多々存在しています。
 古き良き時代の女性像とは、1歩下がってしゃしゃり出ず、一家の大黒柱を立てる役割に徹していました。現代では考えにくい状況となりつつあり、現実として男女のパワーバランスが逆転してるケースが多方面で存在しています。

🌟日本の古き良き時代とはいつのことか・特徴|女/アメリカ


 特に女性の意識の変革は昭和にあったと思います。



 これは昭和30年ごろの東北の女性の画像ですが、この頃にはサブリナパンツ、M+W、マンボスタイル、Aラインと落下傘スタイル、Yライン、下着ブームだったらしいのですが、やはりシーンは若者中心に動いていました。



 それは今となんら変わりはないですね。

 昭和30年(1955年)といえば終戦からまだ10年しか経っていない時期です。



 ミナミもレトロな雰囲気ですね。



 大阪を北から南に縦断する御堂筋も爽やかな感じでいいですね。



 現在はこんな感じです。

 2019年、女性の社会進出は、日本では遅れているというのが現状でしょう。

 昭和30年頃はまだ、女性は家庭に入り、子供を産み、家事をするのが女性の役目と言われている時代でした。現在でもその傾向はかなり強く、一般的でした。

 しかし働く男性達の賃金が上がらず、事実上下がり、家計を支えるには妻も仕事をしないと生活が成り立たない時代になりました。こうなると、子供が欲しいけど産むことは難しくなり、少子化になるのは当たり前ですね。

 日本が太平洋戦争で敗戦し、女性の社会進出は少しづつ進んできました。

 アベノミクスで女性の社会進出に向けた政策が進められたと、安倍さんは自画自賛していますが、もっと早くこうした政策は勧めないとならなかったのではないでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました