一足は持っておきたいスニーカー

(ライターFT)

 一足は持っておきたいスニーカー


スケートシューズとは?機能と特徴

スケートシューズとはスケート用につくられたスケートボード専用の靴。
略して「スケシュー」と呼ばれる。
見た目は、普通のスニーカーとほとんど変わらないが細かな部分に特徴がある。
スケボーの基本トリックのオーリーはデッキを靴の側面で擦り上げる動作を行うが、それを繰り返せばデッキテープとの摩擦で靴の側面が激しく劣化していく。 そこでスケートシューズは摩擦への耐久力を高くし頑丈につくられているのだ。
試した人なら分かるが一般的なスニーカーなら数回のオーリーで破れてしまうこともある。
またベロの部分が厚く、足と靴をしっかりと固定し繊細な操作を可能にしてくれる。
また靴裏のソールも特殊ゴムで滑りにくく、デッキにフィットしやすい加工がされている。
これから本格的にスケートボードを始めたいと思っている人はスケートシューズもゲットしよう!

🌟【完全版】スケートシューズ選び方・おすすめブランド解説





 スケートボードをしない人でも、一足は押さえておきたいのがスケシューです。

 理由は簡単、お洒落で頑丈だから。

 足元をホールドする機能も兼ね備え、素材もいい素材で作られいます。

 大手ブランドもいいですが、確実にそれらより頑丈に作られいます。

 大手ブランドのスケートシューズも、かなり頑丈に作られています。

 そしてデザイン性も高く、お洒落に敏感な人達には大手ブランドではない個性的なデザインが素敵です。



【EMERICA】

 1996年に始まったスケートボードシューズブランド EMERICA(エメリカ)。ETNIES、ES、の兄弟ブランドであり、全てを生産する SOLE TECHNOLOGY 社のスケートボーダーの為に進化し続ける技術が詰まってます。リアルで男臭いブランドイメージを崩す事なく常にシーンのトップを走り続けています。日本のロックバンド、MAN WITH A MISSION(マンウィズアミッション)も愛用していることで、スケーターのみならず絶大な支持を得ています。

🌟スケートボードのカリフォルニアストリート|代官山のスケボー専門ショップ・通販


 価格も五千円~あり、ハイカットからローカットまで多彩なデザインが豊富に取り揃えられています。



 スケートシューズを普段使いにする所が、まずは定番のお洒落ではない。個性的なお洒落が可能になりますね。機能的にも良いので、オススメです。

 エメリカはすでに人気ブランドになっていますので、さらにコアなブランドを見ていきましょう。

 少しデザインはゴツメのデザインが多いブランドですが、DC Shoesもいいスニーカーです。

DCシューズ

DCシューズ(でぃーしーしゅーず)は、アメリカのスポーツ用品メーカー。1994年にプロスケーターのダニー・ウェイの兄であるデーモン・ウェイ、コリン・マッケイ、ラリードライバーのケン・ブロックらによって創設された。現在もダニーやコリン他、多くのプロスケーターのスポンサーである。他、スノーボードやラリーなどの多くのスポーツイベントのスポンサーを務める。
ブランド名はDROORS CLOTHING(ドロアーズ・クロージング)の頭文字からとったものであり、一般的に言われているダニーとコリンの頭文字というのは間違いである。尚、そのロゴデザインはフランスの有名ブランドのパロディ。
アスリート達の声を大きく反映した高い機能性を持つ商品ラインアップを誇る。
ストリート、スケート、レース、スノーなど、様々なカテゴリー別の商品があり、アパレルやシューズは世界的に非常に人気が高い。

🌟出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




 アメリカって感じのデザインですね。



 シンプルで素敵なカラーのデザインもあります。

 全体的にブランド主張が強いですが、人気のスケシュー老舗ブランドです。

etnies(エトニーズ) ブランド解説

1986年にフランスで設立されたスケートフットウェアメーカーのエトニーズ。
その後アメリカに拠点を移す。
ライアンシェクラーをはじめ、国内でも人気の高いライダーも多く所属。
スマートでファッショナブルなデザインでシューズだけでなくアパレルも高い人気を誇る。
スケート界を越えてストリートファッションでも人気ブランドへと成り上がる。

🌟etnies(エトニーズ) ブランド解説


 エトニーズは割とシンプルなデザインでシブめといった印象でしょうか。

 スケートボードだけではなくエクストリュームスポーツを楽しむ人達には人気の定番シューズブランドです。



 シューズだけではなく、バックパックなんかもかっこいいですね。



 今回はスケートシューズを普段使いで履いて、お洒落感を演出してみましょう。

 お洒落は足元からです。

 足元をまとめると、自ずと上も決まってきますので、足元のお洒落は大切ですね。




タイトルとURLをコピーしました