永遠の眼鏡野郎!まとめ

(ライターFT)

永遠の眼鏡野郎!


福井県鯖江市が眼鏡の街になった訳 
 鯖江における眼鏡枠製造は、明治38年に創始者と呼ばれる増永五左衛門が農閑期の副業として、少ない初期投資で現金収入が得られる眼鏡枠作りに着目。当時眼鏡作りが盛んであった大阪や東京から職人を招き、近在の弟子に眼鏡の製造技術を伝えたことが始まりといわれています。当初は、「帳場」とよばれる各職人グループごとに眼鏡が作られていました。その帳場ごとに職人が競い、腕を磨くことで分業独立が進み、現在のような一大産地が形成されたのです。
 戦後の高度経済成長の中で眼鏡の需要も急増し、産地として大きく成長しました。製造の自動化などにより生産効率を追求すると共に、品質の向上と技術開発に力を注ぎ、その結果、昭和50年代の終わりごろに、世界で始めてチタン金属を用いたメガネフレームの製造技術の確立に成功しました。軽量かつ耐久性に優れるチタンは、金属アレルギーを起こしにくい素材であることから、人体に優しい眼鏡として世界に広まっています。
🌟鯖江・眼鏡の歴史 –


 冬場はスノーボードに新潟まで行っていたんです。

 大阪から北陸自動道に乗り、福井県を通るのですがそこで目にするのは山の中腹に大きな鯖江市の眼鏡の看板、毎回、この看板を見る度に、眼鏡野郎の私は、この地に降り立ち、眼鏡を探したかったのです。



 最近ですが、眼鏡が古くなってきたので、新調しようと色々とアイウェアブランドを見ていました。すると、どのサイトを見ても、ジャパニーズブランドのアイウェアでトップを誇るのが、鯖江という福井県の地名、そんなに有名なのか!なんて思い、鯖江市のことを調べてみると、そこにあったのは職人魂でした。

 日本だけではなく世界からも注目されている鯖江市、鯖江産のメガネフレームは、国内シェア約95%とほぼ独占状態、低価格眼鏡が勢いを増す中にあっても世界シェア約20%を占めています。

 鯖江市で有名なアイウェアブランド増永眼鏡。

 1905年(明治38年)創業、増永五左ェ門が全国から職人を呼び寄せ、帳場制というギルドのような仕組みを作って技術者を育てたことから、この地のメガネ産業が栄えたと言われています。

 増永眼鏡で有名なのは「横山やすし」さんです。



 このモデルですね。



 やっさん、素敵な眼鏡をかけていたんですね。

 個性的で、今はやりの黒縁で太めのフレームが素敵です。

 鯖江市は特にフレームに特化した産地と言えます。通常のアイウェアだけでなくウィンタースポーツで利用するスノーゴーグルなども鯖江産がクオリティが高いとされています。

 国産ブランドの山本光学株式会社というゴーグルを作っている会社からスノーゴーグルも作られていて、このスノーゴーグルブランドも鯖江でフレームが作られていると言われています。

 産業安全用保護具などの製品を製造・販売している会社です。

 世界三大眼鏡産地は安さが売りの中国(深セン・東莞、温州、丹陽、廈門(アモン))、デザイン&ブランド力に優れるイタリア(ベッルーノ)と並び、“品質鯖江”として、世界3大メガネ産地の1つにあげられている。

 鯖江製の眼鏡フレーム、国産ブランドのフレームは、ほぼ鯖江と言っていい。

 白山眼鏡店も老舗ブランド。有名どころではジョン・レノンの丸眼鏡が有名です。



 白山眼鏡店の眼鏡を愛する芸能人は非常に多いです。

 最近ではエフェクターというアイウェアが流行っています。

 フレームがゴツいのが特徴の眼鏡です。

 全体的にゴツめが流行りなのかも知れませんが、国産の眼鏡をゲットしたいですね。


(ライターFT)

永遠の眼鏡野郎!歴史篇


メガネの歴史 
レンズの発見
紀元前の古代から、ある種の石がレンズとして使われていました。現存する最古のレンズは、紀元前700年頃のニネヴェ(現在のイラク北方、アッシリアの古都)の遺跡から発見されています。このレンズは研磨された水晶の平凸レンズですが、用途は太陽熱を集めるためのもので、視力を助けるためのものではありませんでした。また、紀元1世紀頃の記録に、古代ローマの皇帝ネロが、闘技場で剣闘士たちの闘いを観戦するのに、エメラルドのレンズを用いていたということが記されています。ネロがそのレンズを用いた目的は視力を補うためではなく、眩しい光線から目を守るためであったといわれています。
🌟メガネの歴史




 以外に眼鏡って古くからあったのですね。

 現在の基本形になったのは、14世紀頃、13世紀までは目が見えないのは「悪魔の仕業」と考えられており、民衆はレンズを悪魔の道具とみなしていたそうです。ウィキペディアによると、1284年頃のイタリアで、Salvino D’Armate が世界初の眼鏡を発明したとされている。


 鉱石のレンズ

 当時はこんな形のリベット眼鏡と呼ばれる形状でした。

 当時は眼鏡というより、虫眼鏡的な感じが現在でいえば近いかもです。

 日本では16世紀、イエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエル(1506-1552)が来日し、周防(現在の山口県)の国主・大内義隆(1507-1551)に献上したものが、その最初とされています。



 日本ではこんな感じの眼鏡が最初でした。



 やはり算盤を弾く読み書きのできる人がするものというイメージでもあったのでしょう。



 この絵などは非常に面白いですね。

 みんなが眼鏡野郎ですね。

 裕福な家のご隠居産が眼鏡をかけていたそうです。



 昔の絵を見ているとかなり面白いですね。眼鏡は高価な物だったのでしょう。

 明治時代に入ると、貴金属や時計と眼鏡は販売されていました。



 こちらはヤフーオークションに出品されていた明治時代の眼鏡販売をしていたお店の看板です。

 文字を読み、細かな仕事をする日本人と眼鏡は、切っても切れない歴史があったのですね。

 多くの人が、眼鏡を利用し、勉強すると目が悪くなるというイメージがついたのもこの頃からなのでしょう。

 時は変わり、最近では視力矯正は眼鏡からコンタクト、さらに眼鏡がファッションアイテムとして見直され、生活の中に溶け込んでしまった眼鏡です。

 面白いですね。

 

 

 
タイトルとURLをコピーしました