現代の最狂独裁者 まとめ

(ライターFT)

現代の最狂独裁者 まとめ


独裁者
独裁者(どくさいしゃ)とは、絶対的権力を行使する支配者。独裁者により支配される体制を独裁制と呼ぶ。

🌟独裁者 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 

 イディ・アミン・ダダはウガンダの独裁者として有名です。イギリスの植民地時代のウガンダで1925年頃にコボコかカンパラ生まれとする説が定説になっています。10万人から50万人もの国民を虐殺したと云われている狂人です。

 1971年1月、イギリス連邦首脳会議のためオボテが外遊中に軍事クーデターで権力を掌握し、1970年代のウガンダに軍事独裁政権を樹立、約8年に渡り政権を掌握してました。1979年に失脚するのですが、リビアに逃げるもカダフィすらもアミンのかつての残虐行為を知るや敬遠するようになり、イスラム教徒としてアミンに寛容なサウジアラビアへ亡命します。

ギャー!生首がゴロリッ 実話が元になった伝説の【封印映画】『食人大統領アミン』悪行三昧の内容とは?
ギャー!生首がゴロリッ 実話が元になった伝説の【封印映画】『食人大統領アミン』悪行三昧の内容とは?

🌟ギャー!生首がゴロリッ 実話が元になった伝説の【封印映画】『食人大統領アミン』悪行三昧の内容とは?


 

 怖いわっ!

ロバート・ムガベ
 ジンバブエ首相(初代)、大統領(第2代)、アフリカ統一機構議長(第35代)、アフリカ連合議長(第13代)、ジンバブエ・アフリカ民族同盟代表、ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線代表(初代)などを歴任した。1980年に首相に就任して以来、37年間に亘ってジンバブエに君臨したが、国防軍にクーデターを起こされ、2017年11月21日に大統領を辞任した[1]。
🌟ロバート・ムガベ 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


 

 ロバート・ムガベのニックネームは、「殺人暴君」。

 イギリスから独立した1980年から、37年もジンバブエを支配しましたが、失政、暴言、汚職、拷問、地位を利用した蓄財、選挙不正、病気の流行、食糧不足とあらゆる問題や疑惑が持ち上がり、「殺人暴君」とも呼ばれていました。

 コレラやエイズがまんえん、農地は荒れ果て、通貨は紙切れに。ムガベ氏を批判した野党の政治家や支持者は、鉄棒で頭を殴られるといった暴行を受け、死者は当たり前。

 2008年には100兆ジンバブエドル紙幣が登場するのですが、経済政策の失策で、ハイパーインフレ、100兆ジンバブエドルが日本円で0.3円の価値しかないというトイレットペーパー以下となる如何しようも無い大統領です。



 人の良さそうな顔しているのですが・・・

 同性愛者を「ブタやイヌにも劣る」とののしり、アメリカの黒人政治家(ライス元国務長官)を「白人のご主人様の言葉を繰り返す奴隷」呼ばわり、国はコレラやエイズが蔓延し、国民が国を捨て逃げてしまうという事態に。

 白人を嫌い、財政の悪化が厳しくなった2000年、「独立戦争を戦った者(黒人)には農地を確保する権利がある」と発言。武器を持った黒人グループが白人の所有する農場に押し入り、白人に暴力をふるったり、殺したりする事件が相次ぐ、結果、多くの黒人に土地の所有権が移ったとか。

 現在のジンバブエは経済も落ち着いて安定しているとか。2017年のムカべ大統領失脚の後、優秀なジンバブエ人が国を立て直しています。ムカべは最悪の大統領だったけど、無料に近い金額で、初等教育を政策として行ったそうです。南アフリカではジンバブエ人が優秀なために現地の人の仕事を奪うとまでされ、ジンバブエ人に対してビザの発給が急激に厳しくなっているほど、これは初等教育を国民全てに行った結果、優秀な人材が増えたといえます。ジンバブエ人は近隣アフリカ諸国より平均して優秀ということです。

 ムカべの功績は教育を国内に普及させたことでしょう。



一党独裁制
一党独裁制(いっとうどくさいせい)とは、特定の政党による独裁体制である。非競合的政党制とも。政治学では通常、純粋な一党制のほか、事実上の一党独裁であるヘゲモニー政党制も含まれる。

🌟一党独裁制 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


 

 日本も事実上の一党独裁国家になっていることを我々は感じなければならない。

 海外を見ると、人権なんて菅家ない国家がこんなにも多いですが、日本も事実上の一党独裁国家に近い状態になっています。

🌟独裁国家一覧|トルクメニスタン・ベラルーシ・北朝鮮など | 世界雑学ノート

 独裁者一人が独裁をしている訳ではなく、政党の協力が必ず必要になります。

 最近の傾向を考えると、独裁国家は、国民にそれなりの自由を与えることで、これくらいの自由があれば何とか我慢できると、国民をこれ以上の反乱に導かない様な政策を敷きます。顕著に感じられるのが中国です。

 天安門事件から30年、中国の本質は変わらない。ですが、誰も中国共産党には逆らいません。習近平には、国内で文句を言う人はいないのです。

 中国は共産主義国なのに、経済の自由化を導入し、経済的な発展を遂げました。

 かつて、民主主義と自由を求めた学生の抗議活動は流血の惨事で結末を迎え、あれから30年がたった現在、誰も中国の国家主席に文句を言う人はいなくなった。

 経済という富を餌に、本当の自由を中国人は手放してしまった。

天安門事件
1989年6月4日早朝、中国共産党政府は天安門広場に戦車と兵士を送り込んだ。政府は軍に対して「どんな手段を使っても」広場から学生たちを排除するよう命じていた。

事態は翌日の朝まで続く流血の惨事となった。数千の兵士が群衆に発砲し、死傷者数は数百人にのぼった。だが、正確な犠牲者数は、現在も分かっていない。

🌟中国が歴史から葬り去ろうとしている天安門事件、30枚の写真


 このサイトの画像を見ると、自由を求めた中国人が習近平に負けたんだと、現在の中国の状況を見ると思ってしまいます。

 自国の軍隊が、自国民を虐殺した歴史的な黒歴史です。

 徹底した報道規制で、天安門事件の存在自体を知らない中国人の若者たちは、飼いならされてしまった羊の様に中国共産党の言いなりに生きている。そうならざるを得ない状況、国のインフラを整えてしまった中国共産党の勝ちと言えるかもしれない。

 ほぼパーフェクトなディストピアを作り上げ、この栄華はどこまで続くのだろう。

 

 天安門で政府を批判するプラカードを掲げる若い中国人。(1989年、天安門)

 中国の公式発表では300人超の死者ということだが、実際は1万人の死者を出したと云われています。

🌟天安門事件の死者は「1万人」 英外交機密文書


 まさにジェノサイドだ。



 池上さんの解説、分かりやすいですね。

<トランプが金との「個人的に良好な関係」をアピールするせいで、米朝首脳会談のテーブルから抜け落ちてしまった北朝鮮の深刻な人権侵害の数々>
金の叔父で、2013年に失脚した張成沢・元国防委員会副委員長の側近2人は、地上から航空機を撃つための高射砲8門を並べて撃ち殺されたという。
🌟今だから振り返る、金正恩の残虐な犯罪の数々


 

 「強制収容所から脱出に成功した唯一の脱北者」と言われる申氏は、’82年に、北朝鮮の平安南道价川市にある国家安全保衛部傘下の第14号政治犯収容所(強制収容所)で生まれた。収容所内の労働力を増やすため、収監された若い男女に無理やり性交させて生ませた子供である。

 完全に狂ってしまっている金正恩ですが、彼はスイスに留学していたとか。

 貧困と飢えが日常的な社会、特に北朝鮮の地方ではかなり深刻な状態となっているらしい。

北朝鮮を語る上で、絶対に知らなければならないのが強制収容所の実態
ナチスドイツのホロコーストなどかすむほどの残虐非道を朝鮮人に何十年にも渡って行っているのが北の暴君、

 「この腹の中にいる種は誰からもらった!」
 「私の担当先生様の息子先生様からです」

戒護員たちはあっけにとられて返す言葉がなかったが、「ふざけるな!」とばかりに、その少女の陰部に鉄の棒を突っ込んで電気を流して殺し、腹を割って胎児を引っぱり出して踏み殺してしまった。


🌟『北朝鮮 絶望収容所』 引きずり出され、踏み殺された嬰児


 こうしたことが強制収用所で行われているにも関わらず、日本はもちろん、世界でもあまり知られていません。

 誰一人として太った人が見当たらない北朝鮮国内で、唯一太った人物がいます。



 中国にもあまり人権はないが、北朝鮮にはさらに人権が蹂躙されている。

 色々と検索し、北朝鮮の蛮行を調べていると、反吐が出そうな内容ばかりに行き当たる。本当にこんな残虐な人権蹂躙を非日常的に行っているのだろうかと疑いたくなる内容ばかりだ。

 韓流ドラマを見ただけで、取り調べでは、木の棒で殴打される、鉄線や革のベルトで締めあげるなど無慈悲な拷問が23歳の女子大生に加えられ、パーマ液を飲んで自殺を選んだとか。



 こうした独裁者たちの末路は、どこも同じなんですが、北朝鮮だけは3世代もこの最悪の状態が続いています。

 北朝鮮の国民に、この圧政から逃れられるよう、祈るのみです。



タイトルとURLをコピーしました