【科学考察】 反重力装置が日の目を見ない理由

(ライターFT)

【科学考察】 反重力装置が日の目を見ない理由



フィラデルフィア実験

「フィラデルフィア・エクスペリメント」。

私がこの本に出会ったのは、ハワイの海軍基地の図書室のことであった。たまたま書棚で見つけた本の内容は、1943年10月28日にアメリカ海軍の艦船「エルドリッジ号」で行われた、強力電磁場による透明化実験で起きた異常な事件をレポートしたものであったが、その中に電界と重力場の関係に関する「ビーフェルド・ブラウン効果」に関する説明が述べられていたのである。
🌟未来テクノロジー「電気反重力」で地球製UFOが開発されている!? | ムー …




 反重力で有名な現象は、「ハチソン効果」と呼ばれる現象です。但し、このハチソンフィラデルフィア実験、第三者の前では一度も成功したことがないらしい。

 最近の最新情報では、フィンランドの科学者たちが反重力装置を開発したとか。

 今、世界の軍需企業が極秘に研究する「反・重力」

 上記リンクのビジネスジャーナルによると、世界各国の軍需産業が反重力について極秘で研究しているということだが、世間ではまだ極秘とされている。正確にいうと極秘になっているということではなく、あまり話題に上っていないということか。

 反重力ができているとして、動力源は今の所電気を利用していると思われます。電気反重力です。

 反重力が平和利用されたとして、何が起こり得るかを考えるとき、エネルギーシフトが考えられる。すでに電気自動車のエネルギー効率はかなり良くなっている。電気自動車の燃料コストはかなり安い。

 日産リーフの航続可能距離テスト1回目:227.1kmと、確実に航続可能距離が伸びている。充電を自宅で行なったとして、かかる月学電気代は1月間走行距離は、2000km弱で2,000円前後とか。



 アルミホイルで作られた装置ですが、実際に素人レベルでここまできているのですね。 






タイトルとURLをコピーしました