【帰ってきたサカヤンを探せ!変身その後】

関西方面から北陸地方に来る時に、鉛色の空に変わると言われることがあります。
鉛色の空の下、福井から私、サカヤンがお送りします。
鉛色通信、略して「鉛通(ナマツウ!)」
(ライター:サカヤン)

数を数えるのが面倒臭くて複眼に変身したサカヤン
数がグンと増えて気絶してしまったサカヤン
今週はどうなるのか?!
答え合わせもね!




やぁ!複眼サカヤンだよ!


うっかり複眼になってしまったおかげで気絶してしまったよ





今回はこの複眼で見たサカヤンの数ですが


さすがに複眼では数えにくいので




うがぁああああああああああぁぁあああ!




うんばんば~~~~~~~変身!!






























やぁ!
単眼サカヤンだよ



つーか、かなり目が小さくなったような気が・・・


まぁいい。まぁいい・・



単眼だけではこの数を数えるのは至難の業だ


根気・・そう根気がいる作業だ


一歩一歩、人生を踏みしめた人生の先輩


そう先輩にならなければいけない!



だぁああああああああああぁぁあああ!





うにゃうにゃうにゃにゃ~~~~変身!

























やぁ、老人サカヤンだよ



老人とは

年をとった人。年寄り。老人福祉法では、65歳以上をいう。「―医療」

[用法]老人・としより――「老人」は、文章やあらたまった話の中では最も一般的に使われる語。特に「老人福祉」「老人ホーム」のように複合語を作る場合、「年寄り」は使わないのが普通。◇「年寄り」は「老人」よりややくだけた親しみのある感じで使われる。前後関係によって軽蔑の感じが強く出ることもある。「お年寄りを大切にしよう」「年寄りの冷や水」など。◇類似の語に「老体」がある。「老体」は「御老体を煩わせてすみません」というような形で尊敬をこめて言う場合にも用いる。◇「老人」が個人を指す場合は男であることが多い。女性については「老婦人」「老女」「老婆」などを用いることが多い。「年寄り」「老体」にはこのような使い分けはない。



やれやれ、数を数えようかね














か、、かすむ・・・



先週の正解は5016でした


また来週~~
タイトルとURLをコピーしました