水を燃料にするバイクが登場したが、開発者は殺害されないだろうか?



(ライターFT)

水を燃料にするバイクが登場したが、開発者は殺害されないだろうか?


 実はスタンリー・マイヤーズというアメリカ人が、すでに水で走る車を開発してい
ました。1998年にアメリカのオハイオ市の発明家スタン・マイヤーと言う人が水
で走る車を発明しました。水を電気分解して、水素を発生させエンジンに送り込み、
酸素を混合して爆発させるというごく単純な仕掛けですが1ガロン(3.785リットル)
の水道水で100マイル(160キロメートル)も走ると言うサンドバギーを作って
います。

 しかしこのスタンリー・マイヤー氏、この後毒殺されてしまいます。

 枯渇しないエネルギーが流行らないのにはちゃんと訳があったのだ! まとめ

 詳しくは過去にもデイリーSKINで特集していますので、ご覧ください。

 多分ですが、このエンジンの仕組みと同じなんだろう。

 ブラジルでこのエンジンと思われるものを搭載したバイクが動画で
発表されています。動画をご覧ください。

 


 殺されないでほしいですね。

 これが注目され、私たちにもこんなエコなエンジンの車を
走らせてみたいものです。
タイトルとURLをコピーしました