春先を快適にする、花粉症を劇的に良くする方法



(ライターFT)

春先を快適にする、花粉症を劇的に良くする方法


 長年、この時期になると両鼻が完全につまり、鼻水も出なくなり、ムズムズして最悪でした。しかし昨年の夏頃から、自宅の拭き掃除を始め、2019年は劇的に花粉症が改善しました。毎年3月初旬から約1ヶ月間、酷い花粉症になってしまうのですが、今年は両鼻のつまりが完全に起きていません。

 重したのは部屋の扉周りのサンです。
 


 特に上部には年末の大掃除の時にくらいしか拭き掃除をしないので、かなりホコリが溜まっています。

 うちは2LDKになりますので、各居室のサンの上部、換気扇周りを気が付いたら拭き掃除をしていました。

 特に花粉症対策で拭き掃除をしたという訳ではなく、ホコリのエゲツなさが嫌で週に2.3度拭いていたら、特に年末にホコリが溜まらなくて良いじゃないかという単純な理由からです。

 トイレの換気扇フィルター交換も定期的に行い、常にホコリが溜まらない様にしただけです。

 色々と調べてみると、室内で花粉症の症状が出る原因として

 外出時に着ていた衣類に花粉が付着している
 衣類の静電気が原因で花粉が衣類に付着してしまいます。その衣類を着たまま家に入ると、    
 室内の湿度が高いため花粉が落ち、室内で浮遊してしまいます。

 部屋の換気時に花粉が入り込む
 部屋を換気する際に窓を開けると、花粉が入ってきてしまいます。
 こまめに掃除をしていない

 どんなに対策をしても花粉は家に入り込んでしまいます。そうすると花粉は浮遊し家の中のソファやテレビなどに付着してしまいます。

 洗濯物を外に干す
 花粉シーズンに外干しをしてしまうと、花粉を沢山吸着させた衣類を室内に入れるも同然なので注意が必要です。

 もちろん、洗濯は浴室乾燥があるので、ベランダには干さず、浴室乾燥をかけています。

 私の場合、朝にトイレ掃除をするのですが、その流れで扉周りのサンや換気扇を拭き掃除します。

 これだけで、鼻水は多少出ていますが、鼻づまりが完全におこxっていないのです。

 知り合いの部屋に行った時です。

 その人も一人暮らしで、この時期花粉症が酷く、部屋の拭き掃除をしてみたらどうかと提案し、一緒に拭き掃除をしました。

 それから小まめに拭き掃除をしていた様ですが、花粉症が大幅に改善されたのです。

 すごい!



 サッシの溝や網戸に付いた
 花粉もスッキリ、窓まわりも、花粉が溜まりやすい要注意ゾーン。
 換気のために窓を開ければ大量に花粉が流れ込み、締め切っていてもわずかな隙間から侵入してきます。

 しかも、サッシの溝や網戸などのお掃除は本当に大変。ここで活躍するのが、掃除機のハンディクリーナーと、ハードブラシや隙間ノズルなどの付属ツールとの組み合わせ。サッシや網戸に付いた花粉をスッキリ吸引します。

 浮遊する花粉には、ダイソンの空気清浄機が強い味方。家具の隙間や床などに落ちる前に、花粉をあなたに代わってしっかり捕らえます。

 そして拭き掃除でオススメがこれです。



オキシクリーン。

 このオキシクリーン、万能洗剤なのです。

 酸素系漂白剤で、過炭酸ナトリウム(酸素系)・界面活性剤(エトキシレート)・炭酸ナトリウム(洗剤補助剤)で、柔軟剤が入ったものもあります。

 40~60度のお湯で完全に溶かして使用する。過炭酸ナトリウムの性質上お湯の温度が低すぎても高すぎても効果が発揮されません。漂白する場合には20分以上のつけ置きが必要。

 4ℓの水量に15gを目安の溶液に浸した雑巾を固く絞り拭き掃除に使います。

 お湯に溶かして溶液を作るのですが、特に洗濯機の洗浄には効果的です。

 拭き掃除もとても効果を発揮します。
 
 花粉症で悩んでいるなら、ホコリが溜まっている箇所を重点的に拭き掃除してみましょう。

 劇的に良くなります。
タイトルとURLをコピーしました