2019年は運を引き寄せたい



(ライターFT)

2019年は運を引き寄せたい


 運を良くするにはどうしたら良いのか?

 原因と結果の法則を考えると、あらゆる結果は原因によって作られるということになる。

 その原因というのは、自分の思いから始まるので、これはあまり運とは関係ない。



 例えば毎年、兵庫県西宮神社で行われている福男ですが、これも福男になるには、脚の速さという条件があったうえで、くじ運というのが非常に大きな要因となる。くじ運だけ良くても、足が遅ければ福男にはなれないのである。

 でも本当の運というのは、脚が遅くても、周りがゴール前で転けたりして、脚が遅いにも関わらず、福男になってしまうことではないだろうか?
 
 原因と結果の法則が及ばない所で運がその人の結果を左右するということになるのだ。

 だから運が良くなりたいと考えるのなら、普段から運が良くなる為には、どうすべきかを考えておく必要があるということ。これは原因と結果の法則を踏まえ、運が良くなりたいという原因を作ることにより、良い結果を生むという原因と結果の法則に則った考え方であると思われる。



 科学的に「運が良い人」というのはどういう人をいうのだろう。

 ある意味究極と言えるが、「生き残る確率が高い人」が運が良い人と言えるのではないか?

 ダーウィンが提唱した「進化論」をもとに考えると、生物が進化する過程において、環境に馴染める生物ということになる。急激な環境の変化に対応できる強い個体ということになる。

 考え方としては、自分が生き残る為にはどうすべきかを常に持っている人が生き残る可能性は高くなるのではないか?

 そのように考えるには、自分は運が良いとポジティブに考えておく必要がある。

 日常の生活の中を常に楽しめる人と、常に不満を抱えている人では、原因に大きな隔たりがある。
タイトルとURLをコピーしました