2019年スタートのドラマ まとめ



(ライターFT)

2019年スタートのドラマ 視聴率予想


 2019年1月放送の注目ドラマ一覧 オリコンニュースより

 まず、出演者の人気度から視聴率を考えると日曜日放送の菅田将暉主演の「3年A組ー今からみなさんは、人質ですー」か、深田恭子主演「初めて恋した日に読む話」が高視聴率の予感です。

 「3年A組ー今からみなさんは、人質ですー」

 「今から皆さんは、僕の人質です」。高校卒業式の直前、菅田将暉演じる3年A組の教師・柊はそう言い放った。この瞬間から教師と29人の人質生徒による最後の授業が始まり、目をそむけていた真実が明らかになっていく。謎と事件が連鎖的に絡み合う学園ミステリー。

 卒業までの10日間を描いている物語ですが、衝撃的ですね。



 このドラマ、オリジナルドラマです。

 非常に興味深い始まりです。

 脚本はクローズなどアクション系の映画を手掛ける武藤将吾の脚本になります。電車男で脚本家デビュー、現在39歳という若手脚本家です。

 主演は菅田将暉、彼も演技派の若手俳優で、超人気の俳優さんですね。

 デストラクション・ベイビーズという映画では、主演ではありませんが、ゲス高校生役を好演しています。

 ヒロイン役の永野芽郁は、UQのCMでも有名です。菅田くんとは「帝一の國」で共演を果たしています。



 キラキラして可愛いですね。

 1999年生まれ、小学3年生の時にスカウトされ、芸能界デビューしたそうで、



 子供の頃も光っていましたね。



 帝一の國のエンディングで魅せてくれた美美子ダンス特別版が可愛らし過ぎます。

 出演者の人気だけでもかなりの視聴率ではないでしょうか。



(ライターFT)

2019年スタートのドラマ 視聴率予想 深キョン主演


 2019年の深キョンドラマ『初めて恋をした日に読む話』主演・深田恭子

 2019年のスタートを飾るラブコメです。軽い感じで見れるのがいいでしょう。

 原作は持田あきによるコミックです。

 中学・高校時代は優等生でありながら、その後は人生の岐路でことごとく失敗し続けている女性が、タイプの違う3人の男性と出会うことで人生のリベンジを図り、奮闘していく物語になります。原作がコミックというのは、ストーリーもしっかりし、期待できますね。

 主人公は4流の予備校講師、春見順子(深田恭子)、予備校では、かなり偏差値の低い高校に通う、不良高校生から東大にう買うような指導を求められしまう。様々な人間模様が絡み合い、東大合格に向けて奮闘する内容です。



 中々軽めのラブコメデ、深田恭子に脇を固めるイケメン俳優陣たちがフレッシュでいいですね。

 横浜流星は神奈川県出身の22歳、極真空手の初段で、中学3年生の時、世界大会で優勝している強者です。

 仮面ライダーフォーゼではちょい役ですが、17話、32話に出演、トッキュウジャーではひかり/トッキュウ4号として登場、映画では中学生円山や最近では虹色デイズでは主演も勝ち取っています。



 かなりイケメンですが、ピンクヘアーが個性的ですね。



 そして恋愛にはめっぽう弱い、挫折知らずのエリート、主人公順子(深田恭子)には中学時代からの片思いという恋愛下手役です。



 永山 絢斗(ながやま けんと)さんの兄は俳優の瑛太さんです。

 すでに大活躍中の俳優さんです。

 アンフェアの映画版では公園を魅せてくれました。



 男性ファンならとにかく深キョンですね。



 健康的で美しい、完璧ですね。

 2019年のドラマを期待せずにはいられませんね。


 


 ボヤヤン羨ましいですね。
タイトルとURLをコピーしました