日本人の性についての考え方 まとめ



(ライターFT)

日本人の性についての考え方


 現代の日本、特に性に関しては規制などがあり、30年前と比べると、自主規制などが敷かれ、テレビなどではお色気シーンもかなり規制があるようです。志村けんのバカ殿様では、子供ながらに女性のバストトップをゴールデンタイムにみることができました。

 家族団欒のひと時で、女性のヌードが普通に放送されていました。

 ワンシーンだけ見ると、何かのAVなのかと勘違いしそうな程、普通にバストトップが出ておりました。



 EXテレビという上岡龍太郎と島田紳助の深夜番組で、こんな番組がありました。



「テレビの猥褻はどこまで許されるか、低俗とはなにか」というコンセプトを元に当時の人気AV女優を招き、全裸にして登場させたトーク番組です。歴代最高視聴率を記録する一方で、苦情の電話が300件以上殺到したそうです。

 志村けんの「バカ殿様」については毎回ヌードが出ますので、当時の子供達からは密かな人気だったことは間違いないです。



 もう、普通でしたね、こんなシーン。



 けつも普通に出してました。

 時代は大らかと言えましたが、もちろん、苦情もかなり殺到したことでしょう。

 低俗でモラルに反するという理由で、テレビからヌードは消えたのですが、代わりにインターネットでヌードは氾濫しています。



 設定から子供に見せないようにも可能になりましたので、見せたくない年代に対しては見せないで済む時代になったという訳です。

 性についての考え方は、規制に値するか否か、そこで線引きされているのですが、性についての考え方は昔も今もさほど変化があるように思えないですね。

 特に日本人は昔から性に開放的です。

 戦前、戦後の教育の中ではかなり抑圧された教育方針でしたが、江戸時代の性についての考え方はどうだったのでしょう。

 江戸時代、ホモセクシャルは珍しいことではなかったと言われています。

 江戸時代の初体験は男女共に、15歳から16歳くらいが平均的な初体験を迎えたと言われています。

 現代と同様、出来ちゃった婚も多かったとか。

 中でも当時は娯楽と言えば”お祭り”でした。

 お祭りでは、男女の睦み場だったりしたらしいのです。

 まさに婚活パーティー会場と化していたそうです。

 そこには子供もじいちゃんばあちゃんもいたのですが。


(ライターFT)

日本人の性についての考え方 2


 日本における性教育というのは他の国に比べ不十分だと言われています。

 不十分というより、ほとんど無いに等しいのが現状でしょう。

 日本では、性教育がタブー視されていると言われています。

 1990年代は、日本も少しは性教育に熱心な時代もあったそうです。

 1980年代にエイズが流行したからだと言われています。

 近年ではSEX自体をあまり考えない高校生が多くなったとか。



 年々、SEXに対する意欲自体が薄れていっているようですね。

 少子化になっている原因の一つかも知れないですね。



 少子化の原因として、平均寿命が伸びているということも影響しているそうですが、あるコンドーム老舗メーカーのアンケートによると、2013年1月、全国20~60代の男女14,100名に対してWEBアンケート調査を実施。回答者のなかでも「セックスレスだ」と感じている既婚者の55.2%と未婚者の29%に「もっとセックスをしたいと思いますか?」と質問した。その結果、男性の75.2%が「したい」と回答。しかし、一方で、女性は35.8%と答えたという。

Read more: https://www.excite.co.jp/news/article/Aol_celebrity_onsen/#ixzz5W1955UOy

 男性は常にSEXに対して積極的だということですね。

 しかし女性が何故、SEXに消極的なのでしょう。

 理由は様々でしょう。

 SEXは汚ならしいものと考えている女性が多いようです。Aセクシャル(無性愛。恋愛感情も性的欲求もない)、ノンセクシャル(恋愛はするけど性的欲求がない)などがあります。人に対して心を開けない、素直になれないという理由も多くあるようです。

 人間は触れ合うことで、コミュニケーションが親密になれると言われています。

 パーソナル・スペースという言葉もあり、他人との距離によって感じる不快感を示すもので、4段階になっています。

 ・パブリックスペース:公共的な距離。350cm以上
 ・ソーシャルスペース:社会的な距離。350~120cm
 ・パーソナルスペース:個人的な距離。120~45cm
 ・インティメイトスペース:密接な距離。45~0cm

 インティメイトスペースは、本来家族や親密な関係だけに許されるスペースです。

 SEXではインティメイトスペースより近い距離、つまり密着した距離になります。

 親子よりも近い距離を、女性は簡単に容認しないということですね。

 女性がSEXに消極的な原因は男性にあるかも知れないですね。



 少しズレた考え方が日本では主流なのかも知れないですね。

(ライターFT)

日本人の性についての考え方 3


 今も昔も性に対して寛容な日本、欧米に比べると規制はかなり緩いそうです。

 これは海外から見た日本人の性に対して、開放的と考えているようです。

 開放的な割には、芸能人のスキャンダルなどは、非常に厳しいバッシングで攻撃します。

 昔の日本は、同性愛は普通に行われていたそうです。

 衆道と呼ばれ、日本における男性の男色の中で、武士同士のものを指します。

 これは江戸時代より前にあったそうで、女人禁制の戦場で武将に仕える「お小姓」として連れて行った部下に手を出したことなどが始まりだと言われています。

 有名なのが、織田信長と森蘭丸ですね。



 織田信長と一緒にいた1582年に本能寺の変にあい、明智光秀配下にあった安田国継に討ち取られ死亡したと言われています。享年18歳。

 森蘭丸はかなりの美少年だったとか。



 小姓というのは、君主の身の回りの世話や雑務をこなす元服前の男性をいいます。

 キリスト教圏では男色のことをソドミーと呼び、「自然に反する最悪の罪」とされていました。

 一神教と多神教の違いもあるかも知れないですが、昔は性に対しての線引きはあまりなかった。特に日本では投獄されるようなことはなかったということになります。。

 では男女関係はどうだったのかというと、今より昔の方がお盛んだったのは間違いないですね。

 江戸時代では、デート=性行為だったと言われています。

 しかもほとんど前戯などはなしらしく、着物を着たまま行為に及ぶのだとか。



 春画を観ると、当時の性風俗がよく理解できますね。



 かなり過激な描写が多いので、掲載は控えますが、oral sexは普通です。

 色々と見ていると、どおくまんプロの方が可愛らしく見えてきます。



 今も昔もやることは同じ。でも若者達、女性を抱き締めるのはとても幸せな気分になれます。

 もちろん、愛し合うことが前提、少子化もあるので、愛を育んで、幸せになりましょう。
タイトルとURLをコピーしました