日本人の性についての考え方 3



(ライターFT)

日本人の性についての考え方 3


 今も昔も性に対して寛容な日本、欧米に比べると規制はかなり緩いそうです。

 これは海外から見た日本人の性に対して、開放的と考えているようです。

 開放的な割には、芸能人のスキャンダルなどは、非常に厳しいバッシングで攻撃します。

 昔の日本は、同性愛は普通に行われていたそうです。

 衆道と呼ばれ、日本における男性の男色の中で、武士同士のものを指します。

 これは江戸時代より前にあったそうで、女人禁制の戦場で武将に仕える「お小姓」として連れて行った部下に手を出したことなどが始まりだと言われています。

 有名なのが、織田信長と森蘭丸ですね。



 織田信長と一緒にいた1582年に本能寺の変にあい、明智光秀配下にあった安田国継に討ち取られ死亡したと言われています。享年18歳。

 森蘭丸はかなりの美少年だったとか。



 小姓というのは、君主の身の回りの世話や雑務をこなす元服前の男性をいいます。

 キリスト教圏では男色のことをソドミーと呼び、「自然に反する最悪の罪」とされていました。

 一神教と多神教の違いもあるかも知れないですが、昔は性に対しての線引きはあまりなかった。特に日本では投獄されるようなことはなかったということになります。。

 では男女関係はどうだったのかというと、今より昔の方がお盛んだったのは間違いないですね。

 江戸時代では、デート=性行為だったと言われています。

 しかもほとんど前戯などはなしらしく、着物を着たまま行為に及ぶのだとか。



 春画を観ると、当時の性風俗がよく理解できますね。



 かなり過激な描写が多いので、掲載は控えますが、oral sexは普通です。

 色々と見ていると、どおくまんプロの方が可愛らしく見えてきます。



 今も昔もやることは同じ。でも若者達、女性を抱き締めるのはとても幸せな気分になれます。

 もちろん、愛し合うことが前提、少子化もあるので、愛を育んで幸せになりましょう。
タイトルとURLをコピーしました